るーさんと駆ける 

「カメだって全速力」(mamogame.hatenadiary.com)第2章。Renault LUTECIA3 RS とシュフ。

ポリマケイソシラン

 以前はよく、外に出ると溶けそう、なんて言ってましたが、最近は蒸発するって言うようにしています。シュンって(笑)

あつすぎだろー

 

  先日書いたコーティング剤のことをもうちょっと調べてみました。

19万キロ改め20万キロヴイッツの方は元々コーティングなんて何もしていない状態で親の乗り換え時に譲ってもらったものなので、コンパウンド配合だろうがなんだろが、ある意味好きにできるのですが。(ちなみにそのヴイッツは、19万キロ走ったもののお下がりです。父は同年製の同型の距離が出てない中古の個体に乗り換えでしたが、その個体はトヨタ純正のペイントシーラントなるコーティングが施工されていて、同じくらいの登録年の、我々のお下がり19万キロと比べてめっちゃきれいです)

 

昨年秋に入手したルーテシアは、ルノー、日産のメーカー純正の5years coat施工車です。洗車時に時々純正のメンテナンスクリーナーを使用中です。使用すると美しくなるし水弾きも良くなります。

それがどういうもので、年数が経ってやり直しをしない場合はどうやっていけば良いのかは私はわかっていない訳です。

5年保証?なものが8年ほど経っているとして。加工したても見てないから、劣化したかも判断しかねる。

きれいなんですけどね。だからこそ維持できるなら。

同じコーティングやり直すようなお金があったら屋根がつけれるし(笑)、やり直すには一度全部コーティング剥ぎますから、最初よりお金がかかるということです。

 

 ということで、以前オイルの鉱物油と化学合成油を調べたときと同じように、キーワードを検索して、そこから更にキーワードを得て掘る、という感じで調べていきました。

複数の情報を総合して、あくまでもわたくしの個人的なざっくりな、正しいかどうかは怪しい理解はこうなりました。

f:id:mamogame:20180718222929j:image

 参考にしたのは下記のサイト

オススメのガラスコーティングをまとめて比較 というサイト

https://car-accessory-news.com/glass-coating/

イソパラフィン系溶剤について参照にしたサイト

http://www.ncc-nice.com/co_mame/article/pdO20140220153756-247.html

シラン化合物について参照にしたサイト

https://www.silicone.jp/contact/qa/qa002.shtml

 

と、他にも化け学系のところをいくつか見ましたが、化け学にも明るくない私には、大まかな理解になりました。

それをもとに、まず純正のメンテナンスクリーナーに書いてある成分をざっくり理解、にチャレンジしてみるとこんなかんじ。

f:id:mamogame:20180718223812j:image

汚れを落として皮膜形成、というふれこみに合致するような、あくまでも気が、します。(くどいようですが、それぞれの物質に対する理解がまったく足りないので、あまり信じないでください)

 

全体を通じて感じたことは、ホームセンターやカー用品、ネットで販売しているコーテング剤の多くは、ポリマー系とかガラス系コーテイングという雰囲気で表示がありますが、シリコーン系かシリコン系だということになりそうです。

 

ガラス系ポリマー

ケイ素系ポリマー

シリコーン系樹脂

ガラス系レジン

フッ素樹脂

ガラス系特殊シリコーン

天然高分子化合物

 

あるホームセンターで売られていた各種コーテイング剤の成分表から、皮膜目的と思われるものを書き出すと、こうなりますが、これらの製品には皆「ガラス系コーティング」と書かれていて、多分、シリコーン系かシリコン系のどちらかの枠に入り、内容は大筋同じ方向性のように思われます。ベースの物質が同じで、配合しているものは違うんじゃないかなという、想像です。成分表示の違いは、その成分をどうやって言葉にするか、の違いなのではないかという推測です。

 

市販のコーテイング剤で、頭一つ出る感じで値段も高く、耐久性も高いものがあり、それがガラス硬化系領域に入っているものだという事もどこかに書いてありました。

そういうものは、再施工のときにやはり一度薬剤を使って剥離の作業があるようです。

 

想像や、〜と思われます、というのばかりで申し訳ないです。

おそらく(懲りないな)化け学的に詰めると、その製品ごとに「ツヤ」「被膜」「持ち」の特性とか方向性がわかって、「こんなはずじゃなかった」ということにならないんだと思いますが、企業秘密もあるから正確には書かないのかなあ?

 

 

 そんな感じで、わたし的には、ルーテシアの方は、やはりメンテナンスクリーナーで当面行くということに変わりなく(手に入る他社製品との互換性に疑問が残って、自分では突き止められない)、ヴイッツの方は、自分が使ってみたシュアラスターのゼロウォーターはおそらくシリコーン系に属するのかな?という理解で、作業もお手軽だから効果が薄れたら塗り直す感じで、気軽にワックスの延長線上のような感じでマメにやっていけば良いのかなと思いました。

もーしょ…うがないから洗車

お達者20万キロヴイッツをとめている所の頭上に、もーうどうしようもなくジャストな場所に電線が走っていて、鳥フン爆撃が止まない。

おまけに、その電線から飛び立ちながらフンこいたなゴルァ!(失礼いたしました。きっと暑さのせいです)という点々とつながる爆撃の跡が。

あーあ、と昨日猛暑のなか洗車(笑)

何度かフンだけ取ったんですが…。

朝の9時前なのに、室内の温度が

f:id:mamogame:20180717151706j:image

エアコン作動しておいて外に。

まだ9時過ぎなら、暑い、で済む感じ…。

 

前回の洗車の時に

f:id:mamogame:20180717153115j:image

このコーティング剤を使ってみたのですが、

今回水洗いで拭き上げると…

f:id:mamogame:20180717151422j:image

f:id:mamogame:20180717151431j:image

なかなかきれいです。

以前は固形ワックスでした。

それはそれで悪く無かったけど、最近やっぱり作業が大変になって来たし、手に入れたルーテシア3RSが5years coat だったので使えない。お手入れはメンテナンスクリーナーで、とのことで、初めてその手のコーティング剤を使用することになり。

調べてみたら、純正メンテナンスクリーナーというのも、事実上は後追いのコーティング作業みたいなものらしい。

それで初めてコーティング剤に興味を持ちました。

今回使っているのはシュアラスターというところのもので、親水性と撥水性の2種類があります。

比較する撥水状態の画像ないから写真を撮りませんでしたけど、たしかに親水性は水がそういう流れ落ち方をします。なんだか面白いですね。おそらくルーテシアは撥水系のコーティングだと思うのですが、互いに一長一短ありそうです。

当面は撥水親水、それぞれで二本立てで行きます。

 

最近思うのは、家を建てる時に、勢いでカーポート作っておけば良かったということですね…

当面一生懸命コーティングします。

あー気になる…

ここの所、暑くて寝苦しいですよね。いろいろ工夫をしているのですが…

夫とちょうどいい温度がかなり違うのもあって、向こうもいろいろ工夫をしてくれるんですが…うまくいかない夏が何年も続いています。

ただ、気候が良くても、一昨年くらいから年中今ひとつぐっすり眠れない傾向なので、慣れてきた部分もありますね(笑)

夫や自身の体調、子どもたちの行く末などなど、心配事は本当はいろいろあります。

しかし、精一杯できることをやっても100%の正解はないだろうと思うんです。

だから、悩みがなくなる、ということは難しい。 現実的に必要なことは、考えて対策をとることは大事だと思うんだけど、必要以上に悩むことは損だと、理性では思うようになってはいるんです。

それでも、心の何処かで気にはしているんでしょうね。なんとなくそんな気がします。

 

 そんな中、今日は夫が仕事、父母はルーティンで元の家宿泊日、娘は地元の祭りにお友達と…で息子と二人飯。

暑さも手伝って二人分にやる気出ず(笑)

息子の好きなお刺身と唐揚げ(買った)、お野菜と汁物で簡単に済ませました。

二人分の食事って、楽だね…(笑)

いつも6人分作るから(笑)

 

さて、ルーテシアのブレーキング時にひとつ気になっていることがあります。

内容は今日は自粛。感じ方によって、観点によって、表現が変わってきて読まれる方の理解が変わってくると思うんですね。

こういう症状だからここを直した、というのをネット上で見かけるんですが、あまりここの文章を鵜呑みになさらないようにと願って今は自粛です。なにかはっきりして、それが自分の言葉できっちり説明可能なら、そのときには書こうかなと思います。

 

ブレーキ?足回り?アーム?ブッシュ?それとも操作?素人考えだとどうもどれもアリに思えてきます。

最初に気になったのは、3月末くらいだったのですが、少し前からやはり気になるなあと思うようになってきて、最近顕著になったのか、気にしているから気がつくのか。

 

ともかくここの所、どういう時にどうなるのか、ということを常に気にして走っています。ひとつわかっているのは、ブレーキングの仕方で症状が軽減する、ということです。YRSで教えられているブレーキングを行うと、出ないか、出てもそれが軽い。

自分の中では原因は自分の操作、という考えでいたのですが、95000kmを越えている相棒です。水回りとベルトは最初のオーナーさんが途中でやってくださっている記録があるので、まだ当面良いはずですが、足回りはブレーキパッド以外は変えた形跡はありません。お店にも一度相談してみようと思います。

 

盛夏

f:id:mamogame:20180714135749j:image

 

皆様、暑中お見舞い申し上げます。

今年の梅雨は豪雨災害で終わりました。現地の方々にお見舞いを申し上げます。

東海豪雨を経験…といっても当時の我が家は奇跡的?に浸水を免れ(徒歩5分ほど離れた近隣は床下が多かった)、当時健在だった夫の父の車が、帰宅のために川と化した幹線道路を走って廃車となりました。

何もできませんが、雀の涙程ですが支援金を考えています。

 

今朝は午前中に洗車を済ませました。

車も人も暑さがこたえます。

今年の夏も車庫に屋根はつけられず。

息子が車校に通い始めもうすぐ、初実技教習です。最初はシュミレーターだそうです。

どんなシュミレーターだろう^^;

グランツーリスモはあり得ないな(笑)

娘も今年度中には。

物入りでございます。

ルーテシアにはせめてコンプレッサードーピングしようかな…と考えています。

 

暑さきびしき折、皆さま車共々お体ご自愛くださいませ。

 

 

 

頑張れコカングー

f:id:mamogame:20180710094709j:image

親ヴイッツが車検で、入庫しに行って帰りはコレでした。

近頃随分大きい方が増えて来ましたよね。

でも小さい方近辺で何台か見ます。

ちなみにこの代車さんはリヤハッチは観音開きです。

 

タッチアップ

先日、いろいろありまして…

やってしまいました。自業自得。

f:id:mamogame:20180708154633j:image
f:id:mamogame:20180708155025j:image

ガードレールの塗料が…

とりあえずコンパウンド。せっかくのコーティングが…仕方ない…まあ保証期間でもないし…)
f:id:mamogame:20180708155020j:image

美しく下地まで行っちゃってます。

左折時にガードレール端に引っかけました。

近所でしたので歩いて行って確認。

あの「さっくり」削れる感触忘れられない。

もう二度とやらない様に、どうしてそうなったのか考え。

そもそも疲れている時はこういうシャープな車には乗ってはいけない。いや、乗り物の運転を避けるべき。

どういう過程か、どうすればならないか。

勉強になった。こんな形で車のポテンシャルを実感していてはいけない。

 

反省は海よりも深くするとして、とにかくタッチペンを手に入れようと、出入りのお店経由で純正品を聞いてもらうも生産中止。

 説明書でペイントコードの記載場所を調べ、車に貼ってあるステッカーを確認、ネットからホルツのタッチアップペンの特注色で入手。
f:id:mamogame:20180708162432j:image

オーダーすること3日。

f:id:mamogame:20180708160050j:image

絵筆の最細くらいのを用意して、それで塗る。

削れて白くなった部分だけにそっと置くだけ。素人仕事は周囲となじませるなどという贅沢なことを考えるとドツボにハマるから、目立たなくなることを目指す。

f:id:mamogame:20180708160720j:image
f:id:mamogame:20180708160738j:image
f:id:mamogame:20180708160744j:image

面の状態が周りと違うのだから、光の当たり方も違うし同じ色に見えるはずもない。

目立たなければそれで良い。ウンウン。

調子に乗って、車が来た時からサイド面のプラのモール?に点々と付いていた削れにも乗せてみた。

f:id:mamogame:20180708161046j:image

f:id:mamogame:20180708161207j:image

おー目立たなくなった!

 

ごめんよ、るーさん。

 

 

 

ホンマもんとバッタもん

ソロピッツァナポレターナのピッツァKIMBO

を身近なもので再現(笑)

f:id:mamogame:20180705081649j:image

 

ホンマもんは、ヘーゼルナッツ入りのチョコソースにKIMBOのエスプレッソ入りソース。

行ったら絶対食後に、腹がいっぱいでも食べるヤツ。

f:id:mamogame:20180705081726j:image

そりゃうちのは全然違うけど、バッタもんもそれはそれで美味しいよ。