るーさんと駆ける 

「カメだって全速力」(mamogame.hatenadiary.com)第2章。Renault LUTECIA3 RS とシュフ。

はっきりしないが秋だ

f:id:mamogame:20191119152423j:image

ヘルパーさんが来るので、車の置き場所を作るためにぐーさんを退けていた場所で、いつも周回している猫が日向ぼっこをしていたのを見つけたました。

強風吹きすさぶ中、日向でも寒いだろうなあ。

f:id:mamogame:20191119165009j:image

一応、我が家のコナラの木に紅葉が来始めましたが…色がイマイチ。理由のひとつは、10月の気候だと思います。

例年春先から梅雨時に、コナラの葉にアブラムシのフンがつき、カビが生えて葉が黒くなるのですが、それが10月にもあったかな。梅雨は対応して(アブラムシ避け撒布)黒くならなかったのに…秋は予想外でした。よく見ると、あちこち葉が黒っぽくなっています。

f:id:mamogame:20191119165021j:image

色が良いのは下の方のここだけ。

 

 

この秋の多忙は一応今週がヤマ場です。

今はとにかく睡眠時間が欲しいかな…諸々で休息時間が体の要求ほど取れないので、筋肉が「ムリー」って言ってくる時があります。すこしずつは良くなってるんだけどねえ。

 

説明するには不確かすぎるし今までかかったお医者さんも誰も取り合ってもらえなかったり(治療対象でない小さな事の積み重ねかも)、痛み止めの薬しかもらえなかったけど、自分なりに考えて、あの積み重ねが近年の体力(筋力)低下を招いたかもしれない…という考えが最近湧いて来ました。

原因のいくつかは取り除けましたが、どうやって筋力の回復をはかるかは、時間をかけて探るしかなさそうです。今のところ頼れているプロは接骨院。でも自分の考えを立証する知識がなさすぎて、分野も違うから、思うこと全ては相談できず。ただ、春先の抗生剤絡みの検査で心筋や腎臓は無事だったし、日常が送れているので、それが良かった。

筋肉は裏切らない、はずです。じわじわ弱った事には小さな小さな積み重ねを続けていくしかないかも。

要介護の母の骨折や自分の手術など、お医者さんと多く関わっていく中で、本当にいろいろ考えさせられます。

お医者さんは頼れる存在だけど、魔法使いじゃないし、玉石混交なんだなあ…と思いました。

ひとつの要因ではなくて、複合だと思います。諸々に無理があったのかもしれないが、なら、避けられたのか、という自問自答。

人生に後悔はないが、見直しは要るということなのかな。独り言の様になってしまって申し訳ないですが…健康は大事ですね。

 

 

 

 

 

 

甘えちゃダメ

 それなりに寒くはなってきましたが、やっぱり暖かい気もします。昨日扇風機をしまって、ファンヒーターを出しました。が、まだオイルヒーターを弱くつけるだけでしのげています。

1度目の自宅を売り払っての、2度目の自宅建設と離散?家族の集合など、10年前に大変な決断をして、なんとか自分たちの存命中でいろいろ終始がつけられるかなとは思いますが、ローンが重くのしかかります。でも今世は一度しかないからと車だけは(笑)ビンボー人が輸入車乗ろうプロジェクト(笑)

そんな中ですが、基礎しっかり、断熱しっかりな家を建てておられる方とご縁があって建てた自宅のありがたみは、折々に感じます。

前の家は寒かったし暑かった。

さて…年末から来年は介護や親の事でまたしばらくドタバタしそうです。この半月でいろんな事がありすぎて、なんか身が削れる気持ち。あ、身が削れるならもっと痩せてるな(笑)

まあ、人の生き死にとか看病ってそんなもんかあ。3度目になると消耗しすぎない様にうまく自分を泳がせることも少しは覚えたなあ…。でも。

子供の頃からいろいろありました。

ラグビーで有名になった「誰もどれだけハードワークしてきたか…中略…信じているのが自分たちだけ」という言葉は沁みましたね。それで良いのよ。

 

 

るーさんとぐーさんの生活も随分馴染んできました。お達者ヴイッツさんは時々動かしてますが、春からの息子の通勤に備えて休養中です。

 それで、先日ぐーさんを運転していて、るーさんに甘えない様にしなきゃ!って思いました。

 個人的な見解ですが、足回りの硬めな車って、日常範囲の速度で運転していると、ある意味運転しやすいと思うんです。よく走りよく曲がり、よく止まる。挙動がシャープだから、ゆっくり走っているぶんにはある意味ラク。突き上げ感は多少あるけどね。

るーさんのシャシースポールはそんな感じで、クロスミッションも相まって、ある意味カングーのぐーさんよりもラクに運転できる様にも思います。

だけど、鋭い車は、荒い操作をすると仕返しされる様にも思います。丁寧に運転しているつもりだけど(そうしないと身体にもこたえるしね…)、車のピッチやロールを乱さないとでもいうのかなあ…?そういうのはぐーさんの方が工夫が要ります。

ぐーさん乗りながら、再認識することっていくつかありました。るーさんの運転にも生きてます。

ルーテシアrsいい車だわ。再認識。

ぬわー!サーキットを走りたい(笑)

 そしてぐーさんの足も良いですね。なんか接地&安定感に感心しました。ぐーさん時間を意識して行けばロールはすれども路面はしっかりキープ。距離出てない車だともっと良いんでしょうかね?

 

 

最後に、るーさんの車窓から。

11月中旬、早朝に伊勢湾方面を望む。背後から日の出。

f:id:mamogame:20191117072736j:image

 

 

 

車検 / 責任

 るーさんの車検が完了しました。約104,000kmです。

f:id:mamogame:20191113153958j:image

きれいにしてもらうと嬉しい。車の掃除は結構大変です。

 

しがないサラリーマン家庭には厳しい12/2車検切れ(笑)ともかく今月車検通して頂いて、交換時期が来ていたオイル、車入手以来2年余交換していなかったのでバッテリーチェックをお願いして、他は必要があれば後日ということで、不具合あれば教えて下さいということで入庫しました。(すみませんです)

結果、バッテリーは交換、エンジンのクランクシールからのオイル漏れがあるとのことで、添加剤で対応していただきました。ちょっと前から車庫の地味〜なオイル跡が気になってました。地味で、最近のドタバタで忘れてました。いかんいかん。

 

そろそろタイミングベルトを交換する必要がありそうという所で、資金を整え交換になりそうです。

一般的に言われているよりは長持ちしてるかな、というところです。子供にもまだ少々お金がかかりますが、なんとかしましょう。

社長さんと今後の見通しの相談して、順番だけは見当がつきました。お金があったら全部いっぺんにやれるのにね、すみません。

 

 時々運転の事やスクールの事を書いていることがあります。私ごときが書いた所で、人様のお役に立つのかわからないけれど書いています。

元々は車が好きだった訳でもなかったのですが、車好きな人と結婚して、結婚までの人生で特に趣味を持つ様な機会も余裕もなかったので、よくわからないまま、なんとかそこに参加しようと思いながらジタバタしていた様な気がします。

なにかが好きな人たちの集まりっていうのは眩しかったですね。

車という乗り物は面白くて、なんて言ったらいいのかな、いろんなものがそこに投影されていくとでも言えばいいのかな。

移動手段が趣味の一部というのもありがたかったなあ。

運転とか、車のメンテに興味を持ったのはここ10年くらいですが、「好き」というよりは、輸入車にのったおばさんが立ち往生していても絵にならないよなあ…子供達や家族の世話があるから、車止まったから家帰るのが3時間遅れますっていうわけにいかないよなあ…っていうのが最初でした。(なんにせよ路上で立ち往生が前提というところが、輸入車への偏見なのか?笑)

漠然と、車のこと何にも知らないのに輸入車には乗れないんじゃないか、それは迷惑なんじゃないかと思ったのでした。

そこからいろんな事があって、失敗もあったし、考えが足らなかったなと思い出す事もいっぱいあります。今だって結局知らないことだらけな事は大きく変わっていないような気もする。

 

そんなこんなでサーキットにまで足を踏み入れてしまって5年。その中でユイレーシングスクール通いを3年。

そして諸々息切れで中断。

そんな今、運転習ってよかったと思った事の中で最も大きかったのが「交通に対する意識の変化」でした。

速度管理や交通の中で自分の立ち位置を見極める事、正しくできているというよりは、自分を採点できる基準ができてきたと言った方が良いと思います。近年ある時に、運転は楽しみではあるけれど、周囲に対する責任なんだな、と改めて思った時があって、それまで、ルールを守らなくて良いと思っていたということでは無いのですが、自分で判断する物差しがなかったんだと思いました。

抽象的過ぎますか…

路地で出会い頭、優先はこちらなのに相手の機嫌を見てしまう。(譲り合う、心ばかりで交通渋滞)

40キロ制限、電車に遅れそうな家族を乗せて速度超過(2回捕まったら、家族の出足が3分早くなった)

書き出したらきりがないので2つでやめておきます。そんな感じで操作だけでなく、交通の中にいても不安でした。ユイレーシングスクールに通い始めた頃は、サーキットでも公道でも1時間続けて走ると頭痛がしていました。(ユイでは1日中走るけれど、考えられたスパンなので大体みんなが平気で走っていて、自分もすぐ慣れました)

 

そこから3年いろんなことを悩んで、いろんなことを試しましたが、結局、迷いや判断がつかなかったことは、車や運転や物理のことを理解しようとしたことで、迷わなくなりました。

交通ルールは原則みんなが守ることで安全や効率が発揮される。自分の効率のために守らんというのは実は自分の首を絞めると思う様に。

サーキットやオーバル走って身についた速度感や停止の目測で、自分なりの安全感ができると、制限速度の意味がわかってくるから、納得してルール遵守に向かえるし、流れを感じて合わせるか抵抗するかそのルートや位置関係を避けるかを判断しようとする。

まあ、具体的にはそんな様なことです。

運転するのが楽になりました。

見切りも相変わらずそう上手ではないし、俯瞰した視野もまだまだ未熟で、日々反省の連続で、おかんの進歩やから程度が知れてますが、まあ、頑張ってる(笑)

 

 

 

 

 

急がば回れ

コーナー、曲がり角を曲がるとき、皆さんどんな風になりますか?サーキットとかだと、「突っ込み重視」「立ち上がり重視」なんていう言葉も聞きます。

前者は、ブレーキングをできる限り遅らせて(というのが「突っ込み」)、コーナーギリギリまで加速し続けようという考え方で、後者はブレーキングは突っ込み重視より早め、その分コーナーを抜ける出口(立ち上がり)の加速を…とでも表現すれば良いのでしょうか…?

 

自分の恥ずかしい話から申し上げますと(笑)

なーんも知らずにいた頃は、タイトコーナーを、どちらにも当てはまらない、「ただのオーバースピード」で回ろうとしてどアンダーこいていたアタクシでございました。5年前(だいたい)。

今思うと、その頃、よく走らせてもらったコースのコントロールタワーの方とか、私と一緒に走る羽目になった見ず知らずの殿方は、一体どんな風に思ってくださっていたことやら。

ユイ通い以前に行ったスクールの時は、速く走ろうとはしていなかったので、大きな問題が出なかったんでしょうかね??サーキットでタイム計りはじめたらタイム上げないといけないかなと思い始め、ボロが出ました(笑)。

そもそも、速く、よりも「ちゃんとした運転の原則を知りたい」というのが運転を習ってみようと思った根本の動機だったと思うんですよね。

だけど、それがなにかがぼやけたままで、速く走ろうとすると、うまく走れないし怖くなる。前のスクールではなにも言われなかったけど、自分の運転はやっぱりどこかおかしいんじゃないかと思っていました。

それが4〜5年前ですかね?

 


その後ユイレーシングスクールに最初に行った時の座学で、ビークルダイナミクスの話を聴いて、車は4本足であるという大前提と諸々のお話で、走る前に自分のコーナリングは「ただのオーバースピード」ということに気がついて(笑)。

心の中で大爆笑して、それまでのサーキット通い半年と、タイヤワンセットと、ガソリン代と走行代金が、脳内でガラガラと崩れ去って、でも次の瞬間、早く気がついてよかったと思ったのをはっきりと覚えています。

 

直線加速から、減速、ステアリング操作、コーナリング、出口で加速。

これがコーナリングの大まかな基本操作だと思っています。(一連の話は今の時点での自分の理解ですので、不備はあるかも知れませんが)

どの操作をいつやるか、そのパズルの組み替えで車の挙動が変わってくる様なイメージを持っています。

私自身は、どっちかに決めるということなら現在立ち上がり重視派になると思います。というかどっちかに分けるというよりは、こうしたらこうなる、っていう操作と結果というだけなのかも。

あくまでもも個人的な感触ですが、余分に突っ込むと、コーナリング途中のどこかで多かれ少なかれ失速するような気がします。

諸々差し引きしてみて、周回トータルの速さと安全、車とタイヤの負担でも、突っ込まない方がメリットがあると思いました。ちゃんとやろうとすると結構難しいことで、出来たつもりで出来てないことの繰り返しでした。

突っ込みか立ち上がりか、ということが主眼な訳ではないと思っていて、とにかくちゃんと走りたくて頑張っていた様な気がします。

そういうのがちゃんと実行できた時の走行感は格別でした。すごく丁寧に走って、速く行きたい気持ちを抑えることに終始し、ある種のドラマチックさはないけど、タイムが一番良かったです。そういう時の感じは今もはっきり覚えています。

その状態でもっとそういう操作を確実にすれば、速度域を底上げしても、安全が損なわれない方法も教わっていたので、次はその段階に行きたいな、いけたらなと思っていたところでした。

 

ちょっと違う様な気もするけれど、その感覚を「急がば回れ」と言ってみたくなりました。実際は基本に忠実なだけの様な気もするけれど、一度「ただのオーバースピード」を経験した人間には心情的にはそんな感じでした。速く行きたいと思ったり、速くなってきていることに気づかずに操作が後手に回ったりしてくると、知らず知らず突っ込んでる状態になってることも。

速さを犠牲にしても何か意味があってあえて突っ込む、ということは、もしかしたら、あるのかもしれないです。ごくわずかな範囲の話ですが…私自身はそういう微調整よりももっと基本に忠実に走る方が先だと思いますが、テレビでレーサーを見ているとそう考えることはあります。

 

 

今体調も今ひとつだし介護もあるしで、ひと夏高速を運転することほぼなかった状態で、先日夜に所用で久し振りに高速乗った時に、るーさんの一瞬のフル加速で大した速度でもないのに瞬間背筋が寒くなったので、アタクシ先々サーキット走れるか心配ではありますが、あのサーキットのリベンジしたいですね。

 

因みに、「急がば回れ」の元になったのは

もののふの矢橋(やばせ)の船は速けれど 急がば回れ瀬田の長橋」

というものらしく、琵琶湖を対岸に渡るのに、湖上の風が強くて転覆の危険もあった船よりも、琵琶湖からすぐの瀬田川にかかった橋を渡った方が結果的に早いよ、という意味から来たそうです。

 

 

生き抜く力に変える

知多半島ラブ♡

f:id:mamogame:20191103092831j:image

野間灯台近くにて

 

要介護の母の骨折から1週間。

固定装具をつけて、動かすなと言われるのに、折れたところがずれてないかを定期的に見せろと言われるので、苦労して整形外科に連れて行く日々。

付き添いと父の車(ウェルキャブ、CVT)の運転手を申し出たので、何度か路面の悪い起伏のある山道を運転しているが、半身不随で自力で動かず、車のシートに座っているのがやっとの人間が骨折…を乗せて、どうやったら体に負担をかけないか(G変動を緩やかにするくらいしか思いつかないが)をそれなりに自然と実行している。(ブレーキングは早めにジワリと繊細に、コーナリングは緩やかに、加減速も緩やかに。大げさに思えるくらいに努力をすると、本当に車は優しく走る。)

そういう自分に気がついた時に、車が好きでよかった、運転を習ってよかった、いろんな車を運転してよかった、役に立っていると、しみじみ思った。

 

 

 

介護状態というのはひとつ何かが狂うと、かろうじて保たれていた諸々のバランスが崩れる様な気がする。骨折の回復を待って介護体制も大幅に変えていく契機になりそうだ。他にもいくつか重なってドタバタ。昨日になってようやく一息ついた。

 

この先当分、私の方もスケジュールの自由度が下がるのは明白。同居する時からそれは折り込み済みで、単純に、以前より増して、自身の気持ちや効率よりも、何が最善かを最優先に考える日々になるというだけのこと。同居以来、今まで自分が外で仕事をするか迷ったことも何度かあったけれど、踏み切れなかったのはこういう時のためなのと、自身に手に職がなかった事と、父の仕事は代わりがいない種類の仕事だから、休暇もない。教育という仕事の性質上、父の向こう側には沢山の人が関わっている。だから家庭にいつでもイレギュラーに父の介護の代わりを対応できる待機状態にある人間がいないといけないんだろうなという判断だった。

外で働いている同世代を見ると、心のどこかがソワっとするけれど、納得もしているから平常心でいられる。独りも嫌いでないしね(笑)

今の段階ではどうなるかはわからない。救急車も、医者通いも、病人も、今や対峙してもうろたえる事はないけど家族にとって看病や看取りはひとつとして同じものはない。慣れた様で慣れない。

私と夫にとっては15年くらい前に夫の母の病気に始まり、こういう事はもう15年くらいの間病人が入れ替わっていくだけで断続的に続いて来てる。過去には病院の完全看護、現在は介護保険の恩恵にあずかっているからまだまだ楽をさせてもらっている方だと思う。

ここまで続くということは、何か自分の魂の経験値として必要なんだろうなと思ってきた。

この20年くらい、遊ぶとか好きなことをするという時間もない時期が何度か、随分あったけれど、車だけは変なの(笑)のマニュアル車(アンタもそこそこ好きね〜)に乗ってた気がする。

子育てもあったから、趣味の時間など大して取れなかったから、日常の移動が趣味の一環で助かったし、その車を所有している事の満足がささやかな支えになって来た。

 

f:id:mamogame:20191103064509j:image
f:id:mamogame:20191103064512j:image

f:id:mamogame:20191103085252j:image

子供が大きくなって何とか時々時間を作れる様になり、いろいろ考えてサーキットの門をくぐったのが5年くらい前。

何種類かスクールにも行ったけれど、ユイレーシングスクールスクールに行って、やっと真正面から車が動く理屈を教えてくれる場所に出会った。

ユイの前に行った所は、講師だけがわかった顔で素人さんはとにかく走りこめ的な説明レスとか、私自分の車にはABSついてませんとニヤリと笑う講師だった時もあった。

納得が行かないというより、わからない自分が悪いのかと思っていた私は、何かがわかるまで、スクールにも行けないなと思って、ひとりでミニサーキットで走ったけど、タイトコーナーでどアンダーだったし、主婦の空き時間では教えてくれる人にも友達にも出会えなかった。女性がいるなと遠巻きに見られる事が多かった。自分の取り組み方の非もあるのは確かだけれど、誰がどう、ということでは無いが納得がいかない様な何かがあったのも正直な感想だった。

ユイレーシングスクールに通う様になって、そういう寂しさや納得のいかなさを覚えることも格段に減って、本当に走る事が楽しくなった。自分に足りないものが明確になった。最初に教わった基本に照らして考えて考えて、走って走って、オリジナル資料を読み漁って、自動車の解説本もかじった。そのうちに自分で考えて走りを組み立てる様になって来た。

 

日本には、ああいう、自分で考える事ができる基礎を作らせてくれる所は実は少ないと思う。素人でも、女性でも、学校の理科の成績が悪かった人でも初心者でも、本人がその気になれば時間がかかってもビークルダイナミクスをイメージすることは可能だ。深く理解するには体感だけでは遠回りだと思うが、最低限決定的に危険なことだけでも、あのカリキュラムなら体感でも理解できて避けられると個人的には思う。もっとああいう指導が増えて欲しい。自分が今できる事がないのが情けないけど、いつもそう思っている。

考えた時間、取り組んだ期間が、きっと何かの力に変わる。間違った努力の仕方はもったいないし、ほんとうの速さというものを見聞きしただけで、無茶をする確率は下がると思う。本当の高速コーナリングは怖いものでなく、畏れ多いものだった。前より上手くはなったし多分多少は速くなったと思うけどまだできない。

 

 

ひょっとしたら、いやひょっとしなくても(笑)私は競争したら人より速くないと思う。実のところ人より速く走ることにあまり欲求も無い。進歩することに欲求はあるので、そういう意味で速くはなりたい。でももし速くなったらどうしていいのかわからない気もする。

元来の人付き合い不器用さ、社会経験の少なさ。文化としての男社会や車好き、走り好きな人たちの共通認識も薄いから浮いてる、失言も数知れず。

 

ただ、物理などの理屈を追うことや、それを使って効率よく走ろうとする思考回路を多少なりとも持ったことで運転以外の生活や、自分の感情の整理にも、ものすごく役に立っている。

わからないことを調べる、知識を得る、考える、試す、結果を検証する。

人と比べてどうかという事の前に、そういうことをしたかどうかが、自身にとってものすごく有益で、大切な時間だった。生き抜く強さにも繋げられるような気がする。

 

るーさん、まっててくれよ。

どこでどう走れるか、まだわからないけれど、また思いっきり走ろう。

速く走ろうとする人たちの中で走るには、やっぱり自分も精一杯速く走ろうとするのが一番いい。

いつか、自分なりに周囲に迷惑にならない楽しみ方を見つけたい。

f:id:mamogame:20191103064331j:image

 

 

 

 

 

 

〇〇時間 / 栗第2弾

f:id:mamogame:20191027212036j:imagef:id:mamogame:20191027212030j:image

ショッピングモールの駐車場の特等席。ドアパンチ率低くて、カート置場ゲキ近、そのかわり店舗からは遠い。

 

最近やっとカングーのぐーさんに慣れて来ました。

ギア比とか、なんていうのかな、挙動…ロール、揺り戻し、回転半径、旋回の感じ方など、車固有の流れってありますよね。

そういうのを〇〇時間ってなんとなく名付けて。

カングーに乗った時に、すうっとカングー時間に入って行けるようになったというか、挙動を予測して操作してる自分がいます。

 

先日の母の骨折騒動の疲れと、夏の疲れが来たのか、台所からレース観戦のはずが、台所仕事が終わったらお布団にダイブしてしまいました。

奥歯のあたりに口内炎はできるわ、微妙にまぶたが腫れるわ。

 それでも、先日の栗でマロンケーキできました!

道具が揃ってないのと、大して才能がないのと(笑)疲れて根気がないので見た目は…ですが、味は「ザ・マロン」栗感満載です。

マロンクリームは、栗の実と砂糖と生クリームだけ。栗多め。

スポンジケーキ(スーパーに売ってる既製品w)にホイップクリームと交互に挟んで、天井にはマロンクリームをジップロックに詰めた緊急絞り袋からたっぷりと。丸いスポンジケーキだったから、角を落として四角く仕上げ。

f:id:mamogame:20191027211819j:image

薄く切ってしまえば、まあそれなりに見えるでしょ。

f:id:mamogame:20191027211848j:image

切り落としを息子が遠目に見て

「そのサンドイッチ食べていい?」

笑える。

 

そういや、WTCR鈴鹿のレース1の優勝者が表彰式で「一番」って書いたはちまき巻いて表彰台に上がっていました(笑)。ラグビーでも「必勝」のはちまき巻いた外国人ファンもいました。なんだか楽しいですね。

 

 

3回目

 久方ぶりに家に救急車を呼ぶことになりました。

もう10年ちょっと前に、夫の父の晩年に2回呼びました。

それより前に亡くなった夫の母の時は、救急車は呼ばなかったけれど、闘病中に福祉タクシーや寝台車にお世話になりました。

 

今回は、要介護の母の様子がおかしかったのですが、ほとんど話せないので意思疎通が取れないのと、脳梗塞持ちなので、そこに関係があった場合時間が勝負であることと、半身不随なので普段はベッド→車椅子→ウェルキャブ車で移動→車椅子という移乗を繰り返さないと連れていけないのですが、それがはばかられる状況だったので救急車を呼びました。

 

そこから丸2日、忙しかった…

結局、特に思い当たる原因がないのだけど、腕の骨が折れていました…

弱って来ている高齢者は、折れる時は着替えなどでも簡単に折れるそうです。

 幸いズレがないため入院や手術は免れましたが、しばらく安静と固定。

このことで、この先の介護の状況が大きく変わりそうです。メインの介護者は父ですが、私の関わりも今後増えていくと思います。

 

救急車や病院には随分と慣れて来ましたが、闘病や介護や看取りは人によって千差万別で、いつも予想外のところから何かが起きますね…今までの看取りもそうでしたから、そういう意味では気持ちはおちついていますが、しばらくドタバタしそうです。