るーさんと駆ける 

「カメだって全速力」(mamogame.hatenadiary.com)第2章。Renault LUTECIA3 RS とシュフ。

7000→幸田バックストレート→スズカ→?COFFEE&MUSIC

 なんだか脈絡ない感じで最近の出来事をば。 

先日、そういや、るーさんあんまりエンジン回してないなとおもったので、久しぶりに7000まで回してみました。

公道で(公道だけか?)3速より上で回そうとしたら大変な事になってしまうので、高速に乗るときにゲート抜けたら合流を2速全開!

田舎の高速の朝はやくなので、周りほとんどいませんでしたし。

と思ったのですが、まだそんなに温めてないしなあと思い、ゆっくりスロットル開けていったので、ピ!を聞かずに7000弱でついシフトアップしてしまいました(笑)

 

 それで思い出しましたね〜 幸田のバックストレート。

1昨年秋と、昨年春にユイレーシングスクールでYRS幸田ドライビングスクールを企画してくださって、すごく楽しかったんですよね。

師匠曰く面白いコースということで、うん、確かに。なんていうのか、ちょっとトリッキーとでも言えばいいのか。

1日走り回って、少しつかめてきて、ヘアピンからタイトコーナーを我慢して丁寧にこなしたあとのバックストレートの加速が気持ちいい!ピ!で3速へシフトアップ

 タイトコーナーで余分な消耗を避けられると、伸びが違う。あの感触のためならタイトコーナー我慢して丁寧に走ります。うん。

午後になんとか1分切り、ベストは57秒台までは行けましたっけ。楽しかったー。

常連組はもっと速いけどね〜さすがだなあ。

他の参加者の足回り固めてない普通の車でも結構楽しめる感じでした。

そういやうちのるーさん、あのときブレーキホース詰まってたんですよね(その当時はそうだと知らなくて、後日判明して修理済み)。バックストレートエンドのブレーキングでフロント左右に振れて大変だったけど、ブレーキング工夫すればある程度収まってたので、早めブレーキ開始で踏み込みゆっくりにして対処してました。

f:id:mamogame:20190319131358j:image
f:id:mamogame:20190318232541j:image

 

 5月にユイレーシングスクールのスズカドライビングスクールがあります。

走りたい…けど、費用が絶賛不足中なのと、病み上がりなのか投薬のせいなのか、体中筋肉痛状態が続いてます。無理かなあ…(泣)これいつまで続くんだろう。

血液検査ではそんなに大したことにはなってなくて、原因がはっきりしない。

もういいや、できるうちはうまく付き合うよ…

って毎晩ストレッチ、日中もプチストレッチ繰り返して。

 

スズカ楽しいんだよなあ…。自分は速くないけど(笑)。

足も当分ノーマルレベルで、タイヤも今度はミシュランはやめようと思っています。良いタイヤなんだけど、いろいろ思うことあり。事実上ランクダウン避けられ無いでしょうね。それで良いと思ってます。その中での伸びしろを求めて行きます。

  例えばハイグリップは日常の雨の日がグリップがすごく変わる気がして選択肢から外しました。昔のことですが、代車にたまたまハイグリップ履かせてあって、怖かったので、多分次はスポーツタイプのまあまあな感じのタイヤじゃだめかなあって考えています。エコタイヤは硬くて怖いし。

そうすると大体選択肢が絞られますね。

その辺が身の丈かと。

スポーツ走行できるかできないかの境目にいつもいます。

 

それでも諦めないのは、そういうの(高級で無いタイヤや装備)でサーキットやオーバル楽しく走るっていう人がもっと増えてもいいんじゃないかって思っている部分があります。

そういう人を積極的に迎え入れてくれているような気がするのでユイレーシングスクールに通い続けています。

それでとりあえずやってみて、その先はその人次第で、車と相談して…最善を探せば良いんじゃないのかなあって。

何かを楽しめれば、いろんな向上心は自然と生まれてきますよね。

 

 

  話は変わりますが今日、リハの帰りにショッピングモールに買い物に行って、ふらっとビレバンのアウトレット(最初は何じゃそれ?って感じだったけど)に久々に入りました。な〜んとなく見て回っていたら、どっかで聴いたことある歌声だなあと思ったらディスプレイされていたのは、夏木マリのアルバム「パロール」で、かかっていた曲はあとから調べたら「かもめ」でした。とくに夏木マリさんが好きだとか言う訳ではないですが…なんだか惹かれるお声です。

f:id:mamogame:20190318230902j:image

音楽は特にこれという押しなどはなく、目についたもの、気になったものを聴いている感じです。今日はケース割れの半額商品「COFFEE&MUSIC」というのをふと買ってしまいました。書いてあるアーティストの名前もまーったく知りません(笑)

暖かい時期の昼下がりなんかに良さげです。

 

f:id:mamogame:20190318230914j:image

プラシーボ

 先週の出来事の中でいちばん可笑しかったこと。

 

抗生剤で蕁麻疹が出るのでアレルギーの薬を飲んでいるのは前にも書きましたが、それでも一緒に飲むとまた蕁麻疹が出るので、一計を案じて、アレルギー薬と抗生剤を時間差で飲むことにしたらおさまっている…

 

というのを、皮膚科の先生に言ったら、バッサリ関係ないですよ、と一蹴された。

薬は飲んでから2-3時間しないと効かないし、(仮に原因が抗生剤だとしても)2-3時間空けて飲んで、血液内で両方が混ざってしまったら同じだ、ということらしい。

「そうかーだめですかー(笑)」となった。

自分自身も半信半疑でやっていたのだけど、その自分の必死さと否定する先生の冷静さがシュールで笑えた。

 

 

 それを自宅で家族に話していて、こういうのをブラシーボ効果っていうんだよねと言ったら、息子に

「それ、プラシーボだよ…」

これまたひどく冷静に訂正されてしまった。

 

ふっふっふっ…

 

最近昔はなかった様なボケかますんだよねー(笑)

 

ミッション免許

 子供達が相次いで運転免許を取得しました。

2人とも、マニュアルミッションの免許です。

クルマ好きのお友達には「希少」とお褒めの言葉をいただくし、私も嬉しいのですが、親としては特に勧めたというつもりもなく。

ミッションの方が楽しいけどどっちでもいいんじゃない?くらいの反応をしていたような気がします。

工業系の専門学校に言っている息子は先に取った友人達がマニュアル免許で、「お前もだよな」と言われて「お、おう…」という経緯だと聞いています。

 

下の娘が自動車学校に行き始めて、まず

「ミッション免許って言うのは古いんだよ。マニュアルミッションか、オートマチックミッションなんだから、マニュアル免許って言うんだよ」

とカウンターパンチをくらいましたが、その後何度か「もうオートマにしたい…」を何度か聞き、否定はしませんでした。

ミッション…いや、マニュアルミッションの車は悲しいかな消えゆく一方です。これからの人に無理強いするつもりはなかったので。

彼女が乗りたがっていたのはミニ。古い方です。

親がやめとけと説いてもやるならホンモノかなと思い、プラスマイナス両面、どちらかというとマイナス面重視だったか(笑)説明しました。

最後に、「本気なら働いてまず100万貯めなさい。それと、その車を持ちたいのか、その車でどこかに行きたいのか、をよく考えて」と言いました。

機械物を見ているのは嫌いではない様ですが、メカや科学に対する理解度や興味は昔の私にそっくり。相当苦労するであろうことは想像がつきました。

 輸入車がご趣味の方にはわかっていただけるかと思いますが、古い車でどんどん乗るというのは大変な努力だと想像します。覚悟も要ると思いました。

 

 結局ウダウダ言いつつも、娘もマニュアルで免許取得しました。(上の息子はなんだかすんなり取ってきました。)

息子の最初の路上教習は土砂降りの夜

娘の高速教習では霧で真っ白(半島道路を南へ)

良い経験させてもらえるねと、大人は皆言いますが、本人達は冗談じゃない!といささか憤っておりました。

 

教習では、MT、AT、ハイブリッドに乗らせて頂いた様です。一番たくさん乗っているからだと思いますが、親がMTを好んで乗っている理由は感じてくれた様です。聞いた話からだと、ダイレクト感と微調整はMTに軍配。娘に至っては、ハイブリッドないわーだそうです。この環境で一般的に育つ訳ないのですが(笑)、改めて、特に勧めた訳でもないのにと呆れた次第です。

 

さて、我が家が用意していた車はトヨタヴイッツ、CVT。私の父のお下がりでした。

息子が乗ってみたファーストインプレッションは「俺下手になったのか?」

(下手も何も、夏に車校行って、学校休めないから試験場行ったの年末やったでしょ・笑)

話を聞いてみるに、出足が猪突なのが主な理由です。それは車の仕組みのせいだと、中途半端な説明をしてあとの説明は夫に丸投げ(笑)

 

娘は駐車場でしょっちゅうアクセルとブレーキを間違えます。ペダル配置が違いますから。

 

ヴイッツの方の保険の年齢制限を引き下げたし、

ルーテシアRSは初心者には鋭すぎる。

(日常分野の領域は十分持ち合わせている車ですが、ちょっと荒い操作をするとさりげなく牙をむく。ちょっとでも踏み過ぎれば可変カムで加速が化け、速度やブレーキングが急になるとステアリング操作に対する応答が変わります。)

 

このまま、これしかないからと、CVTに乗せていくのは、なんだか違う気がしてきました。

本人達もMTに乗りたいと言ってます。

なんでもそれなりに乗れば良いのですが、それは自分がAT MT LHD RHD 国産 輸入 乗って、スクールまで通ってみてようやくわかったことです。

 

 

加えて、ヴイッツがそろそろ潮時を迎えつつあり。

エンジン周りで心配なことがあります。

 

車探します。いやまずお金貯めます。自分はガマンだなあ…。

マニュアル免許取ってきたこと自体は嬉しいのですが、心配事も増えたのも間違いない(笑)

なかなか世の中思い通りには行かないものです。

 

MT乗りたいって彼らは言うけれど、きっとそうなったら色々愚痴だの文句だのを一時期聞いて、パニックにも付き合うことになりそうです。

考えたら疲れてきた(笑)

 

f:id:mamogame:20190311071150j:image

10年くらい前かな。子供達が好きだったムルちゃん。ムルティプラ

久しぶりのしっかり洗車

 

 先日、久々に洗車&コーティングしました。

まずは多分2ヶ月は洗ってないヴイッツ。

洗車機突っ込んでも良いのですが、昨年これで

f:id:mamogame:20190310070023j:image

何度かしっかりコーティングしてて、効果があったと思ってるので、継続。

しかし、この辺り冬場特に風が強い地域で、霧吹き式のものって、ロスが大きい(笑)どこまでボディーに付いたのかわかんない時がありますし、今の手だと辛い。

なので

f:id:mamogame:20190310070322j:image

こっちで洗車後に水気を大まかに取ってから拭き上げました。

 

屋根やボンネットなどはどうしても汚れが残りやすいですが、スプレーの方を短期間で2、3回集中で塗り込んだら側面は結構長持ちしてます。

 

 

ルーテシアの方は、

f:id:mamogame:20190310065738j:image

ルノー(ジャポンだけ?)と日産純正メンテナンスクリーナーです。

5years coat施工車だったらしいのですが、手元に来た時はツヤがざらついた状態になってました。(コーティング劣化を再コーティングは相当費用がかかるようです。)

調べてみたら純正のコーティング維持剤のようなものがある。あまじょんでポチれる(笑)

ということで。

 

これを一時期短期間で何度か使って行ったら、コーティング状態が結構復旧?しました。

この状態で維持管理頑張ります。

 

f:id:mamogame:20190310071140j:image

 

一長一短

 るーさんのショックを交換してもらって随分楽になりました。

減衰の調節はのんびり考えていくことにします。

 

 さて…前回に書いた、バネ問題。水が溜まって腐食して折れる、のことなんですが…

写真提供(Kenworks)

 

f:id:mamogame:20190306182335j:image

f:id:mamogame:20190306182356j:image

ドライバーでクニクニ…怪しい。

f:id:mamogame:20190306183202j:image

中身はポッキリ…

(ちなみに我がるーさん、サスペンション前期型です。)

 

私的には、チューブがあるからダメなんだよなあ、何でチューブつけちゃったの?それなら取ってしまえー…っていう思いがありました。

でもちょっと今は違うかもです。

結局チューブは付けたままで、お店の方で少々工夫をしていただくことで説得されました(笑)。とった方がいいのか悩みどころだったそうですが、とってしまうと再度つける事は不可能なので。

 

f:id:mamogame:20190306184529j:image


実際に外したバネなど見ながらお店の社長さんの話をうかがったのですが、

バネの下の受けの部分の形状から見て、一番力がかかりやすい場所と水が溜まりやすい場所が同じようなところになり、他のくるまとはその辺がちょっと違うかな?ということと、Double axis strut system(DASS)のフロントサスペンション故に、ステアリング操作でサスペンション部分が連動して動かないことも同じ場所に水が溜まりやすい一因になっているかもしれないね、ということでした。

現物を見ながらだとイメージ的に入って来るものがあったのですが、言葉だけになると伝える自信がないです。

f:id:mamogame:20190306185030j:image


 私はこのクルマに乗るまでトルクステアというものを知識として知らなかったので、いまひとつ実感もないし、この車のDASSについて書いてある雑誌を読んでもわからなくて、トルクステアがないとか、運転のしやすさ、ということの意味をイメージができなくて、ずっと棚上げ状態になっていました。

車の事は時折自動車のメカニズムの本で少しずつは理解に勤めてますが、一朝一夕では理解出来ず…社長さんの話は分かったのですが、DASSの良さがよくわからない。

今日やっと、夫に聞いてみてイメージができました。

理解してみると、ハンドリングの件も、あーあれがそういう事なのかなと思いました。


そういう事を考えてみて、改めて思った事は、本気で車を作るという事は、ほんとに大変な事だなあ、ということ(あちらを立てればこちらが立たず)と、ルーテシア3RSに乗り始めて、きっと車の運転が大好きな人が作ったんだろうなって最初に思った事を改めて思い出した事。

ひとまわり大きなサイズのクルマの為のエンジンと足回りをギュギュッと入れたマッチョなホットハッチ。

 


カニック目線で見ていると、こんなところにこんな工夫が…なんていう泣かせるところが見つかって、触るたびに発見がある、いろんな意味で(笑)ワクワクする車…なのかもです。整備にはいろいろコツが要るそうです。(お世話かけます)

私にはそのワクワクを感じ取ることはできても、自分のワクワクはあくまでも又聞き程度(笑)触って走れる人は羨まし~い。

 

 

昔は、輸入車が「壊れた」話を書くのが好きではありませんでした。そのイメージを膨らませる気がして。自分自身が「輸入車は壊れる」というイメージを最初は持っていたし、ビクビクしていました。出会ったお店のおかげでもありますが、壊れるかも知れないという心配よりも乗っていて楽しい事の方が勝ちました。

ひとつ直るたびに、成功体験化(笑)

理解すれば、真っ当に直してくれるところを見つけられれば怖くない。

それを世の中では変人と呼ぶのかなあ。

なんだか釈然としないが、大変じゃないとも言い切れない(笑)

まあ、良いんですけどね。

 

車って、移動っていう実用も満たせて、趣味になるなんて一石二鳥。別にスポーツカーでなくても、(申し訳ないが)国産の実用車よりも乗り手が楽しさが味わえる輸入車が好きです。

ユイレーシングスクールで運転を習って、足車のヴイッツも楽しく乗れるようにはなりましたが、欧州車との操作感の違いは、よりはっきりわかるようになりました。

 以前、気に入っている輸入車を、直す事を諦めていく女性を目の当たりにして、凄く残念になりました。直らない話でもなかったのになあ。

 

今回のるーさんの件で、結局自分は楽しみたくてこの車買ったんだって事を再認識した次第です。

カニック泣かせなのかも知れないけれど、乗ると納得しちゃう、受け入れちゃう何かが。

バネを純正にして、不安は無くはないのですが、折れるの怖くてやめようと思っていたのですが。

確信がないのでここには書けませんが、調べてみて私は純正にして良かったかもと思っています。

コツコツ、おおらかに(笑)頑張ろうっと。

 

 

 

 

 

 

るーさん日帰り入院

 今日は朝からいつものKenworksさんへ。

現在屋根開き祭り状態です。

f:id:mamogame:20190305055928j:image

 

 もう、ルーテシアのショックが限界です。リハビリ通院が電車だと帰りが普通電車スパイラルで、ものすごく時間がかかるので、半数くらいを車で往復してきたのですが、下道を片道30分でヘトヘトです。腰にも来てます。

そこで、やっと。昨年必死こいて貯めたシュフのへそくりをつっこみ、以前お店で相談させてもらった通りでKONIスポーツでショック4本、折れてるか折れそうなバネ(私のはシャシースポール・青と緑のペイント)2本を純正でかえようと依頼をしたところ…部品センターの在庫が1本。片方バックオーダーでした。納期目安は2ヶ月だそうです。

ドライバーの体のほうが悲鳴を上げているので、ショックと在庫のあった1本のバネだけでも交換していただく事になりました。

 

代車にコカングーを出していただき、あれ?前に乗ったときより調子よくない?とか思いながら、とりあえず帰宅。近頃投薬治療の影響もあり、日中一度休まないと夕飯〜就寝前まで体力が持たないので(結構いろいろキツイ)、一度横になりました。

その間に作業は進み。やはりフロントの足回りが特別で、少々時間を要したとのことです。

他にも少し煩雑な作業も必要だった様です。(多分ワイパー外しやら何やらその周辺全バラ)

それなのに、無理を言ってお店の方に作業途中で写真を撮っていただきました。

 

f:id:mamogame:20190304232906j:image

 

見事に折れています。

 

ただ、これほんとにぱっと見わかりにくいんです。

この角度からみたら折れてるとは思えない。(昨年11月撮影)

f:id:mamogame:20190304233911j:image

また書けたら書きますが(言葉で言うの私には難しいから無理かも)、音防止らしい、バネの下の方にかぶせてあるチューブ内に水が溜まって腐食が起きて折れる(チューブ自体は他でもつけるものはあるみたいですが)ということになった過程の推測を立てられました。

もちろん、推測したのはお店の方です。説明してもらって納得できました。

お店の方は「草刈り機からベンツまで」というコンセプト?で国産から輸入車、旧車まで何でも来いの町の車屋さんです。いろんな車を見てるけど、メカニック目線から見てもこれはほんとに凄い車だと改めて言っておられました。

ある意味それ故の功罪というかなんというか、そういう部分もあり。

いろんな条件が重なってますね。

なんか、納得できちゃった。それでもこの車がいい。

 

さて、ショックはこれ。

f:id:mamogame:20190304233524j:image

フロント。メガーヌ2と一緒

 

リヤ
f:id:mamogame:20190304233520j:image

f:id:mamogame:20190304233516j:image

 

そして、KONI sportsを装着した感想はといえば、comfortableです。コスパ良し。動きも良しです。

純正ショックがへたってしまって、なんていうのか、段差があれば支えなく乗員が放り投げられるような感じだったのが、交換後は守られている感がしっかり出てるので、5メートルも走れば違いはわかりました。ジェントル。

ただ、減衰調整を日常的にするにはなにかしら工夫をしないといけない感じです。

リヤはお店で工夫していただきましたが、問題はフロントです。

ゆっくり考えようと思います。

日常には多分今のままで全然問題ないです。スポーツ走行の方はしてみないとわからないけれども、まあ、当分は締め上げなくてもいいかも知れないです。

また後日写真を撮って書こうと思います。

 

ビルシュタインB14と最後まで迷いましたが、自分の体力と、スポーツ走行と日常の比率が圧倒的に日常のほうが多いことを加味してビルシュタインは諦めました。

サーキット割合多くて日常はそんなに、という方ならビルはおすすめです。耐久性もあるらしいです。つけた車に乗らせてもらったけれど、なんていうのか、すごくクリアーな無駄なところがない感触でした。