るーさんと駆ける 

「カメだって全速力」(mamogame.hatenadiary.com)第2章。Renault LUTECIA3 RS とシュフ。

おーっと!うーん?なるほどー

 ここのところ毎日少しずつるーさんに乗っていますが、まだ、ここだ!っていうシートポジションが定まらないので、微調整を繰り返しています。

 この数日、少々親として思うところ多い週末を過ごし。

まだまだ、親子共、成長せねば。

 

今日はスマホ見ていて面白い動画を見つけました。

フェイスブックで車がらみのサイトにイイねして情報が流れてくるようにしてた中のひとつ。

“Straight ahead into the Adenauer Forest fails compilation “

っていうタイトルでした。

動画見てみると、ニュルのとあるコーナーでわずかに水分があって、見た目ドライでまっすぐ行っちゃう人が多いよー…という動画です。(ニュルどころか国内のサーキットもそんなに知らないので調べてみると、Adenauerというのはそのあたりの森の名前で、アデナウアーの森のS字、っていう感じで他にもネット上で出てきます。)

road-scene.com

おーっと!

飛び出すのは何度見ても心臓に悪い…

うーん?ブレーキのタイミングは?

ここでブレーキ…?その手前の減速が足りない?ブレーキで曲がろうとした?

まずはそこが気になり…

きれいに抜けて行く人との違いは?

なるほどー…

登ってきたところで左巻きのコーナー。

車にもよるし、動画の前がどうなっているのか知らないのではっきりわかりませんが、直線でしっかり減速してコンパクトに回って行く人が正解なのかな…。

ユイで運転習う前の自分なら突っ込みすぎでフロント浮き、ブレーキ踏んでリヤが出て、ヒェーーケツ振りで済むか…悪くすればコースアウト

ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

人のことは笑えない…

習った今でも、熱くなりすぎたら微妙にやらかす。

 

ドライビングも勉強になりますが、

ほんっとにいろんな車が走ってますね。

ふつーの車多し。

あまりいじってないふつーの車とかワゴン車とか、バイクなんてリヤの両サイドにバッグついてるのもいる。

サーキット仕様の車もすごいなあと思うけれど、こういうのもありなんだなあ、としみじみ思います。

  自分が運転習っている、ユイレーシングスクールのスクールやっているフジスピードウェイのP2もある意味そうです。あんなコースアウトはないけれど(笑)

なんかね、どんな車でも良いよ、というのがすごく面白いんですよ。

だからこのニュルの動画もそういう意味でも印象的。どういう走行枠なんでしょう?

 

 そうそう、動画の中に白いルーテシア3RSも走っていて、おおーって嬉しくなっちゃった(笑)