るーさんと駆ける 

「カメだって全速力」(mamogame.hatenadiary.com)第2章。Renault LUTECIA3 RS とシュフ。

ルーテ…懸け のつづき(その3 )速さ・タイム

 ひとトピック毎に分けて書いてみよう、という感じになっています。

 

 丈夫で非力で幅広タイヤな前の相棒と何年かサーキット走ったり、ユイのオーバルスクール行ったりしてきました。

敢えて言うと、そういう表現になるだけ。良い車なんですよ。だから次の行き先ができてほんまに良かった。

 

 速さという面では、私自身は本当は今何か書ける程の実力とは思わないし、非力な車を言い訳にする気持ちもありません。あの車でももう少し速く走れた筈だという思いが残っています。

 なんていうのか、車をコーナーに投げ入れるような…ちゃんとコントロール下にあるんだけど…コーナーに吸い込まれるような…うまくいえませんが、そんな感覚を少し感じ始めた所だった。

  

 オーバルスクールを走って行く中で、自分自身の速さよりも前に、しっかり走ろう、続けたい、車を大事にしよう、ということを先ず考える様になりました。(元々、そういう気持ちがあったのでユイを受講しようと思って、最終的には速くなれると思うから楽しみですね。)

 そうすると、自分で車を管理して行くための基本的なことだとか、自然と必要になってくるんですよね。

 いくつかは、車屋さんに教えてもらっていたので、タイヤの空気圧を測るとか、オイルの管理なんかは知っている事がありました。 走って行く中で経験を重ねて行けました。

 そういう事に対応するのに、先ずは精一杯で、自分がいかに何も知らないかを思い知らされるのだけれど、それ以上に、考えてみればわかった、やってみればできた、という喜びがなによりも収穫でした。

  それから、ようやく、速いってどういう事なんだろうと改めて思うようになったんですよね。

 

ベストタイムって、上がると嬉しいですよね。

だけど、私自身はタイム出したる!って意気込んでベスト更新したことは殆どないです。

 ユイに通って知った事は、車を速く走らせるには物理に従って車を動かすことと、冷徹になること。

例えば、前に追いつきたい時は、追いつくことよりも自分の車を速く走らせる事が最優先。

 

  冷静に聞けば当たり前の事なんですが、いざその場になると、気持ちが入って、本当にひと呼吸分操作が遅れたりする、というのを、オーバルで目の前でほかの組が走っているのから見て取れたり、自分でも「追いつきたい」という6文字分の時間、操作の空白が起きた経験があります。走りながら、これだ(笑)と自分でも気がついて、見事に引き離され(笑)

それは「ついてかなきゃ」「こわい」でも、みんな同じじゃないかなと思います。

何かに気を取られて抜け落ちた時間の分、クルマは前に進むから、操作は後手に回っていきます。後手に回ったものは、諦めて早くリセットするしかない。

 

オーバルコーナリングがうまく行かなかったりすると、失敗の大きさの分失速するか、出口の加速が悪くなるように思います。

浅いコーナーや半円以下のコーナーでは気づかない事もある様に思うけれど、オーバルではごまかせない(個人的な印象です)。

ぐるぐるするだけで飽きるかと思いきや、集中力を切らしたら置いて行かれる瞬間を味わう。

ユイだと、回る人も少ないし失敗しても失敗の原因がわかって改善できる喜びの方が大きいかな…

オーバルレースの常連さんたちはほんとに滅多に回らないし危なげが無いです。

きれーにかすかなスキール音でイーブンスロットルで周回していきます。

 

   ユイのオーバルレースに参加してみようと思うのは、レース出るぞー!っていうものというよりは、周りは間違いなく自分より速いけれど、オーバル走行に慣れている人たちだから、

周回遅れでひと通り抜かれても、慌てて無理に速くなろうとせずに基本に忠実に走ることに集中できるのでは?

その中で集団で走ることを覚えて行ければと思ったのです。速さはその繰り返しの中である程度自然に身につけられる筈だと思います。

 

 

  コースインする事は、一緒に走る人たちと運命共同体になる事だと思います。

 勝てば嬉しい、抜かれれば悔しい、速い人には追いつきたい。私もそういう気持ちはあるけれど、それは速くなるには必要な事だと思うけれど、それ以上に、運命共同体なんだなあって思うんです。

公道でもそれは同じ事だとも思うから、自分の思慮の浅さで反省する事も多い。

 

速さって何でしょうね?

この数年の間、時々考えて来たことです。

最近ふと気付いたのは、予選はタイム勝負だけど、レース本番は、タイムは参考資料だということでした。

プロのレースの中継を聞いていると、レース中の周回のタイムを見ながら、あと何週くらいするとあの車とどの位差がつくとか、ここはこの位のタイムで良いとか、タイムはそういう参考資料なんですよね。

レースはチェッカーの時にトップなら勝ちだものね。

  でも、ある意味わかりやすい目安でもあるから、タイムは気になるし比べるんだなあって。

学校のテストの点数と同じですね。

良いに越した事はないけれど、点数取る為に勉強するんじゃなくて、今自分がどの位できるか、を見るためのものじゃないかな。

 

サーキットのタイムは、平均速度を上げると上がるそうです。

昨年のスズカの時も確かにそうでした。ストレートのMax落ちてもタイム上がりました。

幸田サーキットは、おそらくサーキットの捉え方がすごく勉強になると思います。

ユイで昨年幸田サーキットでスクールやった時に教わったのですが、そのポイントを押さえて、そこがそうなる為にはどうするか、と走ると、走りが整頓されてメリハリがつきます。

私はお手伝いなので、タイムは測ってないから証明はできないけど、その整理され感はあったような気がします。もう少し経済的に余裕ができたら通ってみたいです。