るーさんと駆ける 

「カメだって全速力」(mamogame.hatenadiary.com)第2章。Renault LUTECIA3 RS とシュフ。

料理も運転も。

  朝は寒かったけれど、日差しが暖かく、鼻がムズムズする(笑)。春ですね。

 ここに引っ越して来て7年になろうとしています。7年前の今日は、引っ越しに向けて荷物の整理をしていました。阪神の震災の時も、いつもと違う恐怖感を覚えたけれど、7年前の今日も同じでした。先日、不十分かもしれないと思う、少しばかりの備えを見直し、賞味期限の間近なものが出てきて、新たに取り寄せました。置き場所も見た目にはいまひとつだけれど、出入り口に近い所に変えました。

以前は子どもたちが近い所に通学していたけれど、今はふたりとも少し…いや片方は随分…遠くになりましたので、家から出ていた時は手の出し様もありません。LINEで家族グループを作り、保険にと、とりあえず息子のTwitterだけはつなげることに成功し、意味不明なツイートの通知を(笑)日々受け取っていますが(笑)、娘はどうにもつながってほしくなさそうで、夫は「俺アカウントあったっけ?」「私あなたフォローしてますけど」状態です。

先が長そうです。

なんともぼんやりした備えです。

 

 東海豪雨のときに、夫が司令勤務で一昼夜帰ってこれませんでした。幸い我が家の周辺は水がつかなかったけれども、500メートル東と1キロ西は床下浸水だったように思います。

あの時に、夫の仕事の意味を改めて知り、いざという時とその後は、家族を引っ張るのは自分だと、はじめて認識しました。あの時赤ん坊だった娘が、17歳になりました。

 

 

 話は変わりますが、この冬はとにかく外食を控えました。家計の経費節減のためです。ばあちゃんが要介護なので外食しづらいのもありますが…

 

f:id:mamogame:20180311110359j:image

地味おせち

 

f:id:mamogame:20180311110419j:image

わりと頑張ってる方の時のお弁当。好き嫌いの多い人もいるので、中身を変えるのがムズい

 

f:id:mamogame:20180311110434j:image

思いつきで作ったやつ

 

f:id:mamogame:20180311110446j:image

焼きそば8玉分。ソースは自分でブレンドします。分けて盛っても良いけど、せっかくだから一気盛り。焼くのにすごく工夫が必要。テキ屋さんのテッパンが欲しくなる。

 

f:id:mamogame:20180311110457j:image

節分。家族分恵方巻きより安上がり。具材節約のため自作いなり寿司(味付お揚げは買いました)でごまかした。

 

f:id:mamogame:20180311110532j:image

毎回このくらい副菜をつけられたら凄いなあって思うけれど…

この時は翌日の弁当用の副菜も兼ねた。

 

f:id:mamogame:20180311110558j:plain

副菜は日をまたいで、お弁当にも回す。主菜と味噌汁のみで楽する日。

 

 

f:id:mamogame:20180311110546j:image

私の朝ごはんにはカロリーありすぎです。

ゆっくり飯な娘はお昼休憩時間に食べ切れる少量しかお弁当を詰めないので、朝しっかり。菓子パンとサラダのときも。

 

 

 

 

f:id:mamogame:20180311110612j:image

一度に作っておいた煮豚を冷凍して、休みの日のお昼に解凍して、豪快にスーパーで買ったラーメンに盛る。

 

f:id:mamogame:20180311110623j:image

今シーズン最後のおでん仕込み後半の図。鳥の手羽元に昆布にしいたけの出汁で白しょうゆベースの関西風なのに、なぜかちくわぶを入れる(笑)。餅巾着は今シーズンは正月の残りの切り餅で自作。この方が美味かった。今年は私は殆ど餅を食べませんでした。餅だけで腹一杯になって他のものが食べられなくなる(笑)から、損した気分になる。

 

f:id:mamogame:20180311110344j:imagef:id:mamogame:20180311110336j:image

娘が「伝説」と呼ぶトマトスープ。

これを伝説と呼ばれると、美味いものを食わせてない様で申し訳なくなるが、嬉しくなる。

 

f:id:mamogame:20180311110700j:image

夫の誕生日ケーキは、デコレーションを買っても、当の本人があまり喜ばないので、好物の紅茶シフォンを焼きました。ちなみに、夫はいちごもキウイも特に好きではありません。誰かに回してた(笑)

昨年と一昨年はろうそくを前に変顔する夫の写真をSNSでお友達にアップしましたが、今年はネタ切れだそうです(笑)

 

 

 

  食卓をこうやって見ていただくというのは、実は非常に恥ずかしいです。

特にインスタ映えすることもない写真がほとんどですが、まあ、家事担当歴21年の食卓です。

 

 正直、疲れてるから休ませて、と言いたいこともよくありましたが、年齢を重ねてきた時のだるさとか疲れというのは、休めば治る、というものでもなく、疲れに対して「休む」ことで応えていると、休みっぱなしになり、身体が動かず固まって、ますます疲れを呼ぶのではないか…自分自身を観察してきて思うようになりました。かといって、無理をしてはいけない…。バランスが難しいですね。

私の場合は腰がその縮図になっています。

  昔は、生きていることの中身が、遊ぶとか働くとか、そういう種別でいたような気がするのですが、歳を重ねる程に「生きるために生きている」とでもいうのか、食べることも動くことも、維持するために、という目的が徐々に大きくなってくるような気がします。

少しさみしくもあります。

好きなものをお腹いっぱい食べて、思いっきり身体を動かして…

ってできるはずの息子が、休みの日に昼近くまで惰眠を貪っていると、後ろからパッコーンと後頭部はたいて星でも拝ませたろかと思いますが、良く眠れるのは若いからだなと、思いとどまりますね。うんうん。ワシ大人やからね(笑)

 

 自分の食卓が世間様と比べてどうなのか、私にはわかりませんが、昔から自分で作ることで何かと費用を捻出していた感じがあります。

我が家の長年の車趣味の片棒はしっかり私が担いでいると豪語しております(笑)それって偉いのか…^^;

ルーテシアの一件で、改めてスイッチが入り、最近結構頑張り、お金が浮きましたが、子供の教材とか、自分の医療費とか、世の中うまいこと出来てて、右から左(笑)

 

 独身時は給料手取り11万で、5万円の家賃を払って光熱費が3万円の生活していた時もありました。ボーナスもらえたから良かったけどね(笑)

バブル終盤で一流企業の内定を3つももっている人々の中で、二部上場企業に入って。その後1部上場したけどね。いい人の多い会社でした。私はあまり役に立たない事務員でした。

その頃の食事は、おかずは卵ともやし一袋炒めとか。ホカ弁ありがたかった。

1Kの部屋の入口に何故か今の夫のロードスターハードトップを預かっていたり(笑)、隣の部屋に住人の元カレが強盗に入ったり、若い一人暮らしの子に印鑑売りつける、香水プンプンのお兄さんが来たり。いろいろあったなあ(笑)

詐欺にひっかかった人のリストなんて、30年も前から存在して業界に流通してたなあと、今にして思う。途中でおかしいと気がついた。クーリングがあったということはまだマトモだった(恐)

 このままだとあかんと思って、義母の過干渉と神経症の嵐が吹き荒れる実家に戻って、アルバイトで100万円貯めて、社員さんになったら?というお誘いを振り切って、なんとか実家から正規の形で嫁入りしました。

当時付き合ってた夫が時々おごってくれる夕飯が、本当にありがたかった。

 

これからの若者の時代は、大変だと思います。彼らを育てる中で世の流れに憤ったこと数知れず。

私のように手に職のない人間は、これからの子どもたち世代、孫達世代に何をしてやれるのか、どうやって、何を彼らに繋いでいったら良いのかなと、時々考え込む時があります。慣れてきた、自然行動の料理の作業の時に、頭の片隅で多くのことを考えています。でも答えが見えない事が多くて、この先せいぜい夫や息子や娘の話を聞いて、社会に興味を持って生きていかないとなあと思います。

 

そして最近、以前にも思ったけれども、料理も家事も、そして近年は運転もそうだと思うが、前倒しと丁寧な作業が大切だと、改めて思い至りました。

 「あーやってもたー…これがイカンねん、これがーー!」(笑)自分、学習せい!