るーさんと駆ける 

「カメだって全速力」(mamogame.hatenadiary.com)第2章。Renault LUTECIA3 RS とシュフ。

揺らぐ。純正か否か…(るーさん足回り選択について)

 まだ暑いが、少し爽やかな気候になってホッとしています。

今日はとても大事な日で、朝から願掛けみたいに玄関やらいろいろと掃除をしました。

良いことが舞い込んでくるように、玄関を掃除します。

トイレやお風呂をいつもより少し念入りに掃除します。

頑張るのは自分じゃない案件なので、そういうことしかできない(笑)

 

さて、タイトルにも書きましたが…

るーさん(ルーテシア3RS)のバネ折れの修理を純正で行く方針で考えていましたが。

まずいのはバネなんですが、10万キロ目前ですので、工賃のためにもバネとショック両方の交換をしたいです。社外品でバネ付きのキットが純正のショックくらいの値段で出ています。迷っています。グラグラです(笑)

  では、そもそも、なぜ最初に純正!と考えたかといえば。

運転の師匠と、車の主治医が、元々の作りが素晴らしいと手放しに褒めるからです。

 

過去の経験で、社外品を選んで後悔した苦い思い出もあります。

ファミリーカーにプジョー307SWを5年落ちで買って10年乗ったのですが、残してある伝票を繰っていくと新車時から9年(入手後4年弱)5万キロくらいでショックを交換しています。

忘れもしない(笑)、なんだかコトコト音がすると店に持ち込み、試乗して、まずスペアタイヤのつり上げの部分が緩んでいて、なーんだ、これかと確認のために再度試乗して、あれ?「足終わっとるねえ…(笑)」

その時に、今思えば考えなしだったなと思うのですが、ファミリーカーにあんまりお金を使いたくないという思いから、かなりお値段安めのショックを、こちらからお店にお願いして入れてもらいました。

 おそらく、自分が車に感じていた魅力と、その足回りの感触がかなりずれてたんでしょうね…ものすごく後悔しました。ドタドタした車になってしまいました。

趣味の車は大事ですが、家族を乗せる車は、何より乗り心地は重要ポイントだったのでは?今思えば、ですが、純正とそのお安いのの価格差は、耐久性を考えれば出せない金額ではなかった。

 で、結局その安ショックは交換後4年?4万キロ経過を待たずに交換することになりました。値段からすれば、感触も耐久性も納得です。自分がそれを選んだんだから自分の責任(笑)

 きっと、5万キロの時点で、私が車の特徴だとか乗り味に対しての考えようとする姿勢を持ってたら、お店の方に相談すれば、選択肢は他にもあったと思うんです。

自分でよく覚えてるんですけど、お店に相談の余地もなく「お金ないから安いの」って言い切りました(笑)そういえば夫にもほとんど相談せんかった。考えが浅すぎました。

 

その車に二度目の交換の時に入れたのはビルシュタインのを夫が探してきた値下げ品?だったのかな。

それまでにほかの車で経験があるkoniに比べたら硬めではありましたがドタドタはしませんでした。狭い経験ですが、koniとビル、どっちもちゃんと仕事をしているなと思いました。

 

 

抜けちゃった仕事しないショックをつけているくらいなら、ほんとに出せないときは安くてもショックを替えたほうが良いと私は思います。

今うちにあるヴイッツは、純正ショックは父が使っていた時に8万キロで一度純正に交換。

交換後11万キロ越えの19万キロでお下がりで我々のところに来たときには、もうあかんかなという感じでした。

抜けてるのをわかっていて1年弱我慢しました。相当運転には気を使いました。絶対にラフな運転をしない、ゆっくり運転すると心がけて。

下りきってのすり鉢の交差点なんか、曲がっていても、この車どこ行くんだろう?少し大げさに言えばそういう感じでした。荷重の移動が遅い遅い!

その後割と安いショックに替えたけど、全然ちゃんと仕事します。上質かどうかよりも仕事するかどうか、って考えたら全然間違いではないと思います。

今21万キロです。この先何年持っているかわからないので(すでに、治せるけど、これ以上直すのは得かどうかよく考えなさいと余命宣告状態)、廉価版で十分です。

しかし。ヴイッツ馬鹿にしてはいけません。私にとっては車の挙動を実験する車になってきてます。

 

 

資金繰り、耐久性、性能、そして好み、もありますよね。

車の設計時に考えられたものが、一番車に合っていると仮定すれば(消費者からすればそうであってほしいです)、社外品を選ぶことは、私みたいな経験の少ない人間には、迷宮に入るも同じことで、迷っていることに気づけるかどうかという位なんじゃないかと、近年思っています。

感触としての好みかどうか、という判断は「好み」なのでできますが、それが車に対して正しいかどうかって、自分に分かるのかどうかは全く自信がありません。

それを考えた上で、社外品に行くかどうか。

相対して、私自身の別の考えとしては、大きな違和感がなければ、自分の経済状態に合ったものの中でのコスパを優先するべきなのでは?という考えもあります。

候補に上がっているものも、決して安物でもないしちゃんとしたものです。

 

ともかく、ルーテシア3RSのバネの件はすごく残念です。

素性の良さが、車を上げてもわかる、と主治医から聞きました。

10万キロに届こうかという私の車でも、試乗した人が皆たまげたそうです。

ネット上でバネ折れのことを書いてあるところをいくつか探すと、そう(原因となったバネへのチューブ巻)なるまでのいろんな事情が想像できて、誰が悪いと言うつもりもありませんが、とにかく残念です。

チューブが巻いてあるのは日本だけなんでしょうか?折れるのは日本の気候のせいなんでしょうか?そのへんは私にはわかりません。全員になるというわけでもないかもしれません。

今は、なんとなくですが、片側に傾いてる感があります。

早く直したいです。

他に、社外品では代わりがないものもあるでしょうし、今後順番にメンテをしていかなければなりません。迷うところです。

 

ともかくいい車です。るーさん大好きです。