るーさんと駆ける 

「カメだって全速力」(mamogame.hatenadiary.com)第2章。Renault LUTECIA3 RS とシュフ。

辛抱はんぶん、おもろい半分〜腰痛から人生を想う〜

 今日はなんとなく関西弁でお届けしよかな、と思てます。

昨日の朝、ほんまになんてことない姿勢やったんですけど、腰にビリビリが走りまして。いわゆるぎっくり腰っていうやつですわな。

ずっと、種は抱えていて、気をつけてはいるんですが…ほんとに突然やねえ、いつも。

 夫婦ともに痛みの持病?は持ってるから、おくすりは持ってますんで、薬と安静。

慌てて医者に走っても、待合で待ってる間に悪化するだけや。

もちろん医者に行ったほうがいい場合もあるからな、みんな行ったってしゃあないよと言うつもりやないですよ。

知ってます?腰痛の原因って、90%は整形外科では確定できないっていう説があるんやって。

何度も繰り返すうちに、いろいろ自分で調べていて知りました。

整形外科の先生て、大変ですなあ。

こっちはイタイから、なんとかしてくれ、なんでそんな冷たいねん、って思うけど、あっちからしてみれば、外科的に原因分かるんは10%ってマジか!

医者は医学博士。博士さんがみんな話がうまいわけやなし、患者さん説得できへんかったらヤブ医者いわれてねえ(笑)

こっちはこっちで、もうちょっと言い様があるやろと、喉まででかかったお医者さんもありましたけどな(笑)

  原因は様々らしいので、整形外科だけに限らず、プロに世話になるのもトライアンドエラーが必要かもしれませんな。あとは、鬱々としてると腰痛になる場合もあるらしいから、やるか?やったるわ!と改善目指すくらいのつもりが要るかもしれませんな。

 

あいたたた…

 

いっかいなると、寝てても起きててもイタイもんはイタイんですわ。

おくすり効いてくるとちょっとほっとしますわ。

調子こいて動くと治りがおそなるから、ここぞとばかりに子どもたちにお願いして働いてもろてます。子どもたちも大人になってきました。そのくらいできなあかんという意識が出てきたので、説明したらやってくれるし、説明も素直に聞いてくれます。

待った甲斐があった、育てた甲斐があった。他所さんに比べたら小さな甲斐やと思いますけど(笑)

専業主婦には仕事の成果を実感する機会が少ないなあと常々思って、やっとやなあ。20年近くかかった実感。痛いけど嬉しい。

それでも、何かある度に、ああしといたら良かった…って親としては心の中ボッコボコにされてますわ。

 

 うーん。この腰、なんとかならんかなあと、この2年位ずっと考えていまして、腰やらかすと動けない時に時々調べて、思い当たるフシがあるので、保険効かないけど、一度整体に行ってみようかなと思うんです。

お金が要る時に限ってまたお金が要る要件ができるもんですなぁ(苦笑)ほんでも腰痛で寝込むと、食費が半端ないですわ。こんなことアホらしくてずっとやってられへんし。

  調子がわるなるとそうやって思うんですけど、そのお金があったらあれもできるこれもできるとおもうとね(笑)でも体も資本やしねえ。悩ましいなあ。

 

生きとれば、悩みや困りごとは尽きへんもんです。

相手があることは自分が頑張ってもアカン場合もありますけど、自分の体やから、自分次第で多少変わるかもしれへん。人生も一緒かな。

動かれへんから最近とんがってる?NHKのテレビ見てて、ちょっとマニアックな人の特集とかがたまたま続いて、ワクワクしています。

 自分の人生ってどうやったかな…もっと面白い人生もあったかな。

人生のターニングポイントとして、あそこやったなというのは、20歳のときですな。

そこではみ出す勇気がなかったなあ(笑)今思えばはみ出してもなんとか生きていけたし、もっと縛られるものがない人生だった。ただ、もっと勝手な生き方をしていたような気がする。

はみ出さへんかった自分のその後の人生は、苦労を含めて納得。お金はもっとほしかったけど(笑)

 その人にとって必要なものは、金額では測れないし比べることもできない。私は今欲しいものに対してお金が足りないけど、まず食うに困るところになっていないことで夫と父に感謝し、その状況が面白い。やりくりは精一杯やってるつもり。

(先日息子が娘と三人で夕飯という時に、100円やない回転寿司の名前を出して行きたいと言うので、ええ機会やと思って、安くないよ、母は7千円しか財布にはいってへんよ、と連れて行ったら、ビビりまくりで食が細くなった。それが我が家の経済感覚。それやのに車は夫婦で輸入車輸入車乗りは金持ちっていう一般的な解釈は完全に誤りやわ)

車の趣味を、例えば夫に完全に諦めてほしいなんて思ったことはないなあ。

それこそ家庭内が地獄絵図になるわ。

ブツブツ文句を心の中で言うてたのは子供が生まれる前後の数年。

その時夫よりそういう自分が嫌いになったなあ。

人によってないと困るものって違うからね。

私自身は最悪どうしてもやれなくなったら車趣味は捨てれる。食えない、家庭人として無理と判断したら中断するかやめる。それが私の強み。捨てなきゃいけなくなったときは、それまでにどこまで自分が得られるものがあったかが、宝ものになってそれで満足できるはずや。

今の所そう思って捨て身になったほうが得られるものが多くなっている。

夫がどうなのかはわからん。あの人が考えることやなと思ってる。

夫にも車にも思いが少ないのかと言われればそうでもないよ。

今はお互い大変やけど、20年後くらいに元気でのんびり楽しく生きられたら良いなあ。 

 

 

f:id:mamogame:20180924120715j:image

お彼岸に作ったおはぎ。

 

f:id:mamogame:20180924120751j:image

でっかいイオンでのスーパーフォーミュラのPRイベントでもらった、平川選手と野尻選手のサイン。