るーさんと駆ける 

「カメだって全速力」(mamogame.hatenadiary.com)第2章。Renault LUTECIA3 RS とシュフ。

3回目

 久方ぶりに家に救急車を呼ぶことになりました。

もう10年ちょっと前に、夫の父の晩年に2回呼びました。

それより前に亡くなった夫の母の時は、救急車は呼ばなかったけれど、闘病中に福祉タクシーや寝台車にお世話になりました。

 

今回は、要介護の母の様子がおかしかったのですが、ほとんど話せないので意思疎通が取れないのと、脳梗塞持ちなので、そこに関係があった場合時間が勝負であることと、半身不随なので普段はベッド→車椅子→ウェルキャブ車で移動→車椅子という移乗を繰り返さないと連れていけないのですが、それがはばかられる状況だったので救急車を呼びました。

 

そこから丸2日、忙しかった…

結局、特に思い当たる原因がないのだけど、腕の骨が折れていました…

弱って来ている高齢者は、折れる時は着替えなどでも簡単に折れるそうです。

 幸いズレがないため入院や手術は免れましたが、しばらく安静と固定。

このことで、この先の介護の状況が大きく変わりそうです。メインの介護者は父ですが、私の関わりも今後増えていくと思います。

 

救急車や病院には随分と慣れて来ましたが、闘病や介護や看取りは人によって千差万別で、いつも予想外のところから何かが起きますね…今までの看取りもそうでしたから、そういう意味では気持ちはおちついていますが、しばらくドタバタしそうです。