るーさんと駆ける 

RENAULT LUTECIA3RSとKangooを主婦が皆さんの協力と知恵をいただきながら一生懸命乗っています。

焼き菓子2種

今週は子供達の誕生日が2日違いで続き、週2で焼き菓子作り。

f:id:mamogame:20200603205047j:image

f:id:mamogame:20200603205116j:image

最初は林檎ケーキ。写真撮り忘れましたが、ろうそくも立てました。ろうそくの火がなかなか消えなくて大変でした。

林檎は日本は季節外れですが、ニュージーランド産の林檎を使いました。日本でいうところの姫リンゴに近いかな?歯応えと酸味がおいしい林檎です。

f:id:mamogame:20200603205332j:image

バターと砂糖でソテーした林檎を乗せて焼きます。

f:id:mamogame:20200603220656j:image

 

 

次はチーズケーキ。(ちなみに22歳)

f:id:mamogame:20200603205749j:image

f:id:mamogame:20200603205803j:image

クリームチーズがぎっしりのチーズケーキです。

 

祝い方はだんだんシンプルになって行きますが、まだまだ親の心配は尽きません。幸せやら肩の荷が重いやら。

それなりに成長したなとは近頃とみに思います。なるべく自分で考え決めるように見守って行こうとは思いますが、近年、とにかくこれから先は核家族化から家族の助け合いに回帰する部分があるのでは?という気もしていて。よくよく彼らと話し合ってお互いの将来を大事にしていきたいです。

でも、我々夫婦はこの20年程、看取りだけでなく互いの両親や一族の過去やその終息を見つめる事に沢山の労力を割いてきた気がして。

とりあえず、なんとか厄介ごとは我々の代で精算出来そうな雲行きですが、先々は今度は自分たちが必要以上に彼ら(子供達)に苦労をかけない様に、彼らが自身の将来や、その子供達の将来に思いっきり注力できるように、まず元気な年寄りになりたいなあ…って思っています。介護されるにしても、私たちみたいに看病や介護する側が30代から、というのはできれば避けたい。それは自身の健康にかかってるんですよね…。

看取りや介護も学びは多いし後悔はないけれど、過去に向き合う作業という面は否めず。それが実感としてあります。特に身内の感情的な揉め事の始末というのは厄介で無益。

親子は仲はいいけれど、それは自慢できるけれど、我々夫婦は彼らの未来にどれだけのことをしてやれたんだろう…これから答え合わせが始まりますね。姿勢を正して受け止めねば。