るーさんと駆ける 

RENAULT LUTECIA3RSとKangooを主婦が皆さんの協力と知恵をいただきながら一生懸命乗っています。

健康診断で

 お盆のお供えをして、提灯を灯して(電気ですよ!)準備完了。仕事の人間は仕事、檀家の端くれではあるけれど、今年のお寺さんの法要は中止。

というのが事前にわかっていたので、昨今の状況から、電車も病院も空いているだろうと睨んで年1の健康診断を予約していたのがお盆初日。電車も検診も空いてました。

 検診は、基本的な健康診断に女性用のものを加えたベーシックです。

 検査専門のクリニックで、待ち時間を減らすために上手に効率よく空いた所からこなせる様に丁寧に案内してくださるので、毎回検査の順番はいろいろ。今回は、バリウムの直後が血圧に…。

撮影のために台の上でぐるぐる回された直後です。案の定高い。

係の人に家ではもうちょっと低いんですとかさっきバリウムだったとか言うと、「じゃあ仕方ないですねー」って3回分枠があるけど2回で計測終了。

全ての項目終了し、お医者さんの問診待ちをしていたら、保健指導の方?がやってきました。

お話を伺うと、体重や胴回りの計測値は減少傾向なのに、血圧が上がっているのが引っかかるので、30分くらい時間があるなら保健指導を受けてみないかとおっしゃる。今日なら当院で無料、後日ならチケットが来るからそれで該当するところで受けられるとのこと。

 近年血圧が高くなってきているのは事実でしたが、血中脂質に影響するとも書いてあるステロイド治療をやめて2年弱(処方していた皮膚科の医師的には許容範囲だったらしい)

食べるものや食事の取り方なども緩くではあるが気を使い、食べる量も減り、体重もアベレージ的には2キロほど変動範囲が下がった。

で、血圧も自宅計測では変動範囲が下がっていた。

 

今回の検査で体重と胴回りが下がったのに血圧が上がった形の数字になったのはなぜか、思うところはあれど、誰が悪いわけでもなく(笑)、そこに気がついてくれた担当のお兄さんには頭が下がったが、5時起きで家事をこなして出発、検査のために朝食抜きの午前11:00すぎ、水分も最小限で、緊張しいな自分はその時点で頭痛状態。

用事があることにして、丁重にお断りして、後日チケットで受けてみてくださいとの言葉に深く頷きました。ごめんねお兄さん。

その後の診察でもお医者さんにも血圧のことを言われたので、家で測るとこのくらいとだけ言ってみたら経過観察と言われました。

 

胴回りが下がったのは腰痛予防にと接骨院でEMSでインナーマッスルに刺激を与えてから。見た目にもちょっと変わった。

市販の機械だとそこまで届かない医療用だそうで、腰痛も改善傾向。

 

食事は量自体も減ったし、元々市販のお惣菜が濃すぎると思う薄味派。苦痛にならないゆるさですが野菜を増やしたり、血糖値スパイクを避ける食べ方を極力実践。

あとは、起床後2時間くらいは体が自然に血圧を上げるらしいので、加速させるカフェインと糖質を取らない。野菜とタンパク質を少量。

おやつにナッツ(食塩不使用)を取り入れて、ケーキやおまんじゅうは食べる機会が減った。

外食も介護の状況で激減してたのがコロナでそのまま維持。

 

でも、劇的には下がらないもんですね。ステロイド10年やってたし、父方が高血圧&糖尿家系。これまで通り続けて、あとは運動不足とかストレスかなあと思うのですが…

(そうそう!今朝しゃがんで草取りできた。しゃがめた。進歩だ。汗疹がひどくなければクソ暑くてももっと歩くのに。秋よこい!)

ストレスはねえ…あはは。逃れられるもんならとっくに逃げてるわ。そういうのってみんなあるでしょうよ(笑)というか、生き方考え方かな…難しいですが。

 

検査とか数値とか、個人的な事情を抜いた診断って大事ですよ。でも個人の努力も大事よ。

保健指導も一回受けてみたいけど、なんかこう、自助努力が指導に対抗する意図に受け止められそうで、本音が話せない気がするんですよね(苦笑)。よく似た感じで、接骨院(保険外)行くと整形外科(保険効く)と相対する部分とかもあるしね。でも自分は結局整形外科で解決はみられず。どっちも誤診がなければ悪くはない。そういうのって当人が調べて考えて体験して選ぶしか無いんだって知ったこの数年です。

 

まあ、諸々噛み合わないこともあるってことで、ストレス増やさない程度に今後考えてみましょう。

なんかこう、噛み合わないってこういうことよね。笑ってまった。