るーさんと駆ける 

RENAULT LUTECIA3RSとKangooを主婦が皆さんの協力と知恵をいただきながら一生懸命乗っています。

だいかんだがだいこんやすい/空気圧下がり

あったかい。暖かすぎだろう…

土曜の朝のお天気解説でオーストラリアの大規模火災の解説と絡めてインド洋辺りからの影響の話を見てふむふむ、と。

某気象予報会社では2月辺りからは平年並み増えるという長期予報も見ましたが、どうなるでしょう?

お野菜等は育ちがいいそうで、主婦的にはありがたいが…。


目下のところ、主婦は日常が大忙し。

そして車のタイヤの空気圧がとにかく下がる。せっせと空気圧管理。趣味か!ってきっと旦那さんに思われてる(笑)。

家からスタンドまで走って行くのにコンマ1くらい上がるので、ゲージ持っていって通常は指定圧のコンマ1上になるように入れますが、最近は、車にもよりますが、平時より少々高めで入れてますね。今季はすぐ落ちるから…

だから入れた時点での感触は、ちょっと高はんぱーつ!(笑)

タイヤの性能を発揮できる許容範囲というのがあって、その範囲内でも、普通に走る分にはコンマ2以上低いくらいならコンマ2高い方がマシというのが個人的な考えです。気候が安定している時は一度合わせたら2ヶ月近くは普通に保ちますが、今季は例外な気がしています。気候により保ち具合に差があるので、一般にはひと月に一度空気圧チェックと言われているのでしょうね。

でも本来は指定圧です。一人で何台も見てて、家にコンプレッサー無しなので、下がり具合見越しての横着をお許しくだされ。

 

早朝にるーさん給油&調整行って、そういえばと見てみたら、父親のヴイッツが下がってました。目視であかんなと思って測ったら、指定よりコンマ3低い。写真はリヤです。

f:id:mamogame:20200120115841j:image

フロントエンジンの車は(普通車は大体そうですね)前が若干重いので、こういう扁平率(扁平率とはざっくりいうとタイヤの厚み)のタイヤは多少のたわみはありますが、リヤはあかんやろ。

f:id:mamogame:20200120124910j:image

これはフロントです。あか〜ん。たわみすぎ。

気にして毎度見てるとわかるようになるもんです。伝わらなかったらすみません。(車によって違うので、諦めずに根気よく見るか測る。そうでなければ定期的に外注が良いです。)

ということで買い物がてら今度はヴイッツに補充。

 

f:id:mamogame:20200120115909j:image

空気補充後。帰宅後撮影です。

走り、ハンドリング、段差の衝撃、全て解消。

長期間低い(高い)空気圧で走ると、タイヤが偏って減って、早期にタイヤ交換しなくちゃいけなくなる場合もあるし、高速でパンクする危険性もアップします。