るーさんと駆ける 

RENAULT LUTECIA3RSに一生懸命乗っています。こそっとkangooもいます

イメージがない事は実現できないのか

 最近、現在進行形のアニメや、ちょっと前のテレビドラマを通しで(過去作一挙放送など)見た中で、魔法使いの話があった。

割とメジャーな作品らしいので、知っている人も多いかと思うが、葬送の…である。登場人物は、寿命が半永久とも言われるエルフ(ヨーロッパでは半神的な存在として実際に存在する言葉?概念?らしい)という人種と、人間、ドワーフ、魔族、魔物がいる。魔族魔物は悪者で倒すべき存在。

主人公は人間の勇者や僧侶、ドワーフと一緒に旅をして魔族の魔王を倒したエルフの魔法使い。エルフは半永久の寿命だけど、人間は寿命をまっとうし、死んでいなくなっていく。 そのエルフのその後を描いたという作品。原作はもっと先まで話が行っているのだが、原作に手を出すか迷っていて、アニメ化された分より先の話は知らない。

家族が推してくるし、何となく家事の合間に見ていた。

先日アニメの今期の終盤を一挙放送で見てみて、改めてちょっと面白いなと思った所があった。

魔法を学ぶ理由や動機、冒険の旅をする理由や動機。

それぞれのキャラクター毎ににいろいろあってその対比や生き方の熱さなんかの対比が面白い。寿命がエルフ、魔族、ドワーフ、人間で違うことで生まれてくる違いもある。

あの、魔法はほどほどに好き…っていうスタンスの描き方になんか共感する。私も程々に運転が好きだ。周囲から見たら程々?なのかも知れないが、ほどほど、なんだよな。

 

もうひとつは、魔法を極めていく者の間で、本人にイメージがない魔法は実現できない、という話が随所で交わされていく所。

その話の流れを見ながら、内心頷いている自分がいた。

運転は魔法ではないけれど…

運転の練習をしている時に、自分の頭でイメージ出来ている以上のことというのは、それが正しかったとしても実行するのが難しい。

理屈として運転を理解しようとするのは、ものすごく役に立つ事だと思う。

うんうんと物理を考えて行くと、「こうすればこうなる筈である」という予測が立てられる。そうするとある意味少しイメージを持った状態で運転をしていることになる。いわゆる「想定の範囲内」というやつになる。

しかし、日常の走行では普通ない速度から、コーナーに車を持っていくというのは、やってみると、問題はなく回れていて、何ならまだ上でも大丈夫だと、誰に言われるでもなく自分自身が思っているのに、何故大丈夫なのか?と思っている自分もどっかに居る様な感覚だ。(実際は、長年やってきたコーナリング前の姿勢づくりと、操作のタイミングが概ね悪くないのと、車の性能のおかげで、車や指導者側から見れば想定の範囲内な状況なのだろうが)

走行感、タイヤの感触、全てが今までのイメージと違う。理屈としては想定の範囲内でも個人的イメージでは範囲外。だからイメージにない事を実現するのは難しいなと思う。

お手本同乗で体験した事はあった。思わず「別世界だ…」と呟いた事もある。

ただ、そこで本気で別世界にしてしまっては、魔法で言われていた「イメージのないものは実現できない」そのままだ。(作品中では主人公がイメージのないものを何とかしていく場面もあった)

同乗お手本は自分の車に乗ってもらって行われていたのだから、自分次第でできなくはない筈だ、自分とお手本は何が違うのかを紐解いて実行できれば近づける筈なのだ。そう思えたら、可能性が出てくる。

車が動くのが物理なら、日常だろうが非日常だろうが、根本の理屈は同じだと思う。

しかし状況を構成する要素(速度など)の規模が違うから、結果の規模も違う。そこが自分のイメージを越えている、という時が難しい。

 


結局、その時紐解く事は一応それなりにはできた。引っかかっていた事は結構単純な事だった。何かができない時ってそういうのは多い。後になって、何でそんなことに気づかなかったのか?って思う様な事。

具体的に言えば、コーナーの手前で、自分の想定の範囲内で手順を構成するのを諦めたのだ。お手本は自分のイメージを越えているが、実行できている。という事は自分の想定の範囲を越えなければできないのだ。

今までのトレーニングを信じて言われた所で目一杯加速、あとは身体の反応に任せる。

 


自分のイメージを越えるイメージを信じて自分の既存のイメージを捨てた。

何だかよくわからない説明かもしれない。

過去の数年間の練習や思考は「師匠と自分を信じる」為の時間だったのだろう。悲しいことに、これをサッサとやってしまってどんどん先にいく人も、過去にいっぱいみていた気もする。

時間がかかる理由も、自分ではわかる気もする。まあなんか焦ったいけど。

 


次同じことができるかどうかは確信はない。あんなこと日常で練習できないし、ミニサーキット行ってもあの規模のコーナーは知らない。

またユイレーシングスクールには参加しようと思う。あれを日本で、あの体制でずっと続けていることに、参加当初から驚きと尊敬を持っている。

 

 

 

つば十郎一家2024第1期進行中

よその子は大きくなるのが早い。

今年も多分2回子育てがあるだろうなというつば十郎一家。2024年度第1期はどうも4羽が育っている様です。写真にはどうしても3羽しか入らないのですが4羽います。

f:id:mamogame:20240512075305j:image

まあほんとにご苦労様です。

寿命が短い生き物の生き様は毎年のことでも驚きますね。

たった1週間でどんだけ大きくなるの!

落下物の量も凄まじいです(笑)

さて、大洗車をしよう。

f:id:mamogame:20240503164454j:image

f:id:mamogame:20240503164503j:image

f:id:mamogame:20240503164534j:image

f:id:mamogame:20240503164601j:image

クイックブライトを少しずつ溶くために百均で買ってきた調理器具(笑)

メンテナンスクリーナー前はこれで洗車。すごくスッキリ汚れが落ちるんです。

よおく溶かないと、洗車終了してから隙間に洗剤の塊が残ってて泣けてくるんですよね。だから必死で溶かす(笑)

f:id:mamogame:20240503165703j:image

酷い砂…

さあやるぞーーー

クイックブライト洗車(1周目)

荒く水切り

メンテナンスクリーナー塗布(2周目)

f:id:mamogame:20240503165828j:image

f:id:mamogame:20240503165840j:image

乾いたらタオルで拭きながら流す(事実上洗車で3周目)

最後の4周目の拭き上げあたりで息が上がって手が止まってきます。一応考えて以前より1周減らした手順なんですけどねえ。

f:id:mamogame:20240503170223j:image
f:id:mamogame:20240503170226j:image
f:id:mamogame:20240503170221j:image

あー終わりましたー。

さて、大洗車の用意をしよう。

 我が家は大型連休は、家族構成メンバーが製造業とその他の両方なんで、仕事してる人の方が多いです。シュフは変わらん。

家族に大人しかいないから出かけなくても誰も何も言わないし、どっちかといえばインドア&おうち派ばっかりなので、渋滞はテレビで眺める。

出かけたい気持ちはちょっとあるが…人混み苦手や〜。

今日は昼飯を買ってきて済ませて、夕飯までの間にるーさんの洗車とメンテナンスクリーナーをすると決めて、洗車ゆっくりやりたいので、まず洗濯と仕事の人の送り出しと初夏に例年行う玄関掃除を済ませて、夕飯の豚汁の下ごしらえをする午前8時45分…。

f:id:mamogame:20240503084833j:image

玄関掃除は水遊びで楽しい(笑)

しかしツバメに気を使う。

何で家主側が気を使うんだ、まったく(笑)

つば十郎一家2024ひな1号孵る

f:id:mamogame:20240429074718j:image

つばめのヒナが最低1羽は孵った様です。

一昨日あたりからなんとなく親の出入りが多くなったなと思っていて、昨日卵の殻を見つけました。薄くてパリパリ。厚み的にはオブラートに近い感じです。

まだまだ静かですが、2週間くらいか?賑やか&落下物に注意ですね(笑)

ヒナ落ちるとか可哀想だし後が大変だから、全員巣立ってください。がんばれ。

整体ひと段落

 今日、おそらく7年くらい?通った整体院の次の予約を取らなかった。ここのところ調子が良いのでひと段落つけることにした。個人的には感慨深い。

整体院に通い始めた直接の原因は腰痛だった。

干支が1周くらい前、腰痛で整形外科に行ってレントゲンを撮って異常がないからと痛み止めをもらいリハに通えと言われたが、リハビリの待ちが大抵1時間で、その間動けなくて腰痛が悪化して行くのをやめた。その後どこへいっても対応は大体同じ。リハも電気かけるのとプラス何かあるかな?程度で、しばらくするとまた痛くなる繰り返しをしていた。市販薬の痛み止めに頼る様になった。それで何年か過ぎて、どうも納得が行かなくなってきて、ダメ元でいろいろ調べていて、衝撃の事実を目にする。

整形外科で原因が判明する腰痛は、腰痛全体の1割程度…本当なのか⁈

それが実際は何割なのかの数字はハッキリしないが、少ない理由は調べる程に何となく合点が行く。内臓疾患から精神的な理由、原因がはっきりしない腰痛さえ多いとか。そりゃ整形外科だけでは解決しなくても仕方がないのか…それを整形の先生がハッキリ患者に説明は…よっぽど突っ込んで聞いたとして説明してくれる医者がどれだけいるのか…個人的な見解なので詳細は省くがそういう理解に至った。

じゃあどうすれば良いのか…

調べているうちに、整体院に行き当たり、自分が通える範囲の中で選んだのが、通っている整体院だった。

骨盤周りの施術を受け始めて、徐々に痛み止め薬から解放された。

そこで一件落着になるはずだったのに、その時点で、どうも私は人生の疲れが溜まりすぎたらしい。いろいろあって6〜7年苦しむ事になり、その間ずっと身体をほぐしてもらう事が続いたので、そのいろいろを含めてひと段落つけられたのが感慨深い。

 

何に苦しんだのかを改めて出来るだけかいつまんで書いてみるので、ご興味がある方はご一読頂ければ。しかし医師の診断ではない部分や自分調べの内容も含まれる。関わった医師は誰もある意味嘘はついてないし、間違えたのは近所の整形外科の先生だけ。私の初期対応が中途半端だった所も思い当たる。

でも私の右手は悪くすると動かなくなったかもしれないし、途中で諦めたら歩くのがやっとになっていたかも知れない。しかし今、完全に伸ばせない曲がらない指が1本あるものの、傍目にはわからないし支障はほとんどない。小走りもできる。という感じで、諦めないことと、自分で考えることの大切さを痛感した出来事だった。

 

 30歳手前から背負っていた緊張性頭痛や腰痛を散らす為に飲んでいた鎮痛剤や筋肉をほぐす薬、30代からの掌蹠膿疱症の治療で使っていたステロイド剤。その薬がものすごく悪かったからそうなった、という訳ではなくて、薬の影響を考慮しきれなかったのと、安易に薬を出してくれる医師が一部いた事も良くなかった。

30歳手前からホントいろいろあった。書ききれない。自分よくやったと今でも思う。でも頑張りすぎて真面目すぎたとも思う。そういう精神身体の疲労などが重なったのだと思う。その結果ようやくひと段落してきた頃に…

 

2018年秋、積年のステロイドで身体の抵抗力が落ちる&積年の疲労&加齢で体力が落ちる

→(実は水や土にいるような菌が傷口から?住み着いてた)指の途中に赤い点があるのに気がつく。ものすごーくゆっくり増える菌のため、小さな赤い点のまま推移して、ひと月後に指が痛くなる。

がその時は赤い点の原因がわからず。

掌蹠膿疱症の定期通院で皮膚科受診の際みてもらう

→皮膚感染なのかはっきりしないので、整形外科医の意見も聞く様にという指示

整形受診

→腱鞘炎としてステロイド&麻酔の注射2回

ステロイドは抵抗力を下げる為感染悪化。指から手首まで痛い。

別の整形受診でセカンドオピニオン

「申し訳ない、思い当たる所があるので紹介するから大きい病院へいってください。その方が診断が早い」

大きい病院受診で即手術予定決定。

1週間ほど後に手術。

右手の指から手首までの筋膜に何かしらの菌が巣食っているということで、切開して滑膜除去。

その後取った菌を培養し特定しつつ、滑膜取っちゃったので手の腱がくっついたら指が動かなくなるので傷口が多少開こうがリハビリ。

ゆっくり増える菌の為特定するまで増えるのにひと月かかり、抗酸菌の一種と判明。

残った菌を投薬で滅する必要がある。

皮膚感染の例がほとんどなく、治療に決まった型がない。感染症担当の医師が調べて「これが効いたらしい」という投薬をひと月。イレギュラーな投薬方法のために、毎回薬剤師に医師が一筆書く。(3日飲んで1週間効く抗生剤を、ひと月毎日飲み続けた。)

診断名は出なかったが、ひと月経つ頃には横紋筋融解的な症状がで始めて、感染を示す炎症反応が出なくなったこともあって慌てて投薬を終了。

心筋の検査、腎臓の検査などひととおり行い、治療の必要があるほどの異常が出なかったので、治療終了。

 

医者、リハの手が離れてひと月くらいで、下肢が酷く浮腫んで膝が腫れ上がって曲げられなくなり、筋肉もすぐに固まったり疲労がひどくなり、歩くのが大変になった。スーパーに買い物に行って、駐車場から店内に入るだけで息切れや筋肉が固まったり。腰痛も多かった。

横紋筋融解も通院時に医師から言われたのではなく、この時に調べた。通院時は症状が軽かったため、関係する箇所を検査して異常がなかったので、診断名もつかなかった、ということなのだろうと、その時に解釈した。

横紋筋融解というのの原因のひとつに薬があるのだけれど、抗生剤や痛み止めの薬の名前にいくつか聞き覚えがあった。過去の積み重ねがどのくらい関係するのかわからないのだけれど。

諸々の状況から、改めて医者にかかったとしても、要するに「日にちぐすり」という状況なのだろうと判断。今思えば医者に行けば利尿剤くらいは出してもらえて、浮腫の解消が早かったのかも?とも思うが…うーん…なんかさあ、珍しい疾患らしくてどこ行ってもみんなが困ってる感があってね…。そういうのにも疲れていた気がする。その病院遠かったし、どこへいっても説明できない。書類の診断名がない。

結局自力で対処する事に。

 

 

それからおおよそ6年、 ずっと整体に通って、足腰をほぐしたり動かしてもらってきた。近年、全身が筋膜で繋がっている、っていうフレーズはそこここで聞く様になったけれど、ほんまやなと思う。体の伸ばし方も勉強になった。

この2年くらいは庭仕事をしたり、30〜40分かけて歩いたり、小走りも出来る。クルマのスクールも行けた。

掌蹠膿疱症ステロイドも、手術を境にもうやめた。皮膚科通いもやめた。手が全部治った訳じゃないけれど、そもそも掌蹠膿疱症10年治療して寛解一歩手前でステロイドも最少量だったのもあって、脱ステロイドしてみようと思い、自力で付き合う方法を見つける事にした。 程度の弱い塗り薬なら市販薬で手に入る。それで何とかなってる。

 

書いてみたけれど、やっぱり理解してもらえる自信はない。でも自分で考えて、調べて、頼るところは医者や整体院に頼って、自分の行動を見直して変えることと、必要な家事は何とかやろうとする、運転のスクールも諦めない、という姿勢でいたことが今に繋がったと思う。万全ではないけど、必要なことは十分出来ている。

そんなこんなで、整体の次の予約をとらなかった帰り道は、何だか晴れやかだった。

 

頑張るだけが良いことでもなく楽すりゃ良いというもんでもなく

先日書いたETC端末位置変えですが、夫に改めて聞いた所、配線をダッシュボード内を通すのに、

f:id:mamogame:20240420164003j:image

この配線をまとめてあるテープを解いて、

f:id:mamogame:20240420163838j:image

写真ピンク線の所、エアコンの吹き出し口の所を外して、配線をダッシュボード下で運転席側下から引っ張り出して反対側へ渡して、ダッシュボード下収納の中に通したそうです。

f:id:mamogame:20240421090926j:image

外したんだ…ハハ(^_^;)まあやっぱり外さないと難しいか…。

最初その下のオーディオやエアコンなどのスイッチのある所のパネルを外そうかと思ったけれど、大変そうなので他に方法がないかなあと思ったら、吹き出し口の所が割とあっさり外れそうで、こっちのが楽かな?って考えたらしいです。まあやってみたら結構あっさり外れたとかで。

(まあ確かに下の部分外すのは大仕事になりそうです)

よくそういうことを考えつくね、と言うと夫本人は「どうやって楽するかを考えてる(笑)」って言うんですが。(本当に楽だけ考えたら、中を通さず済ませるか、面倒くさかったらそもそも引き受けないでしょうね。諸々感謝ですわ。)

今回の感じはまあいつもの事でそう大きな驚きではないって感じですが、彼の考え方の切り口には私は時々驚かされます。要領が良いというか何というか。

私自身が、要領悪いな自分…って思う事が子供の頃から多くて、工夫して要領よく何かしようとすると、うまくいかないというか、余計にややこしい事になる事が多かった。だから楽しようとしない…というかクソ真面目というかどこかこう、許容範囲内であってもはみだせない感がある様な気がして、だから余計に夫の思考に驚くのかも知れません。

 

もうすぐ、夫と結婚して29年経ちます。

正直20周年位までは、もう本当に忙しいばかりでしたが、多少時間に余裕が出てきたのと、おそらく歳を重ねた事や、車や運転と真正面から向き合ってきたことも奏功しているのだと思いますが、以前よりも夫の思考過程を理解しようと努める様になってきた様な気がします。単純に物事の進め方としても参考にさせてもらったりもしますが、自分はどうして夫や周囲と比べて要領が悪いのか。なんてことも時折ぼんやりと思ったりもしますね。

物事を考える事は悪いことではないと思っています。それは良いことでもあるけれど、もうちょっと早く楽をして効率を追い求めても大丈夫というか損をしないんじゃないか?そう思う事も。

 

要領よくやろうとすると余計にややこしい事になる…というのは、対物という事だと、単純にやり方が間違ってるとか、深く考えずに見切り発車で物を壊すパターンが多い気がします。経験があるからそう思うわけです。

 

それでも近年、じいさんの使ってる掃除機の吸い込み口のヘッドが、大変な事になっているのを見かねてバラし&清掃を決行だとか、るーさんのテールランプを自分で外してみたりしたことも。

全部夫を待って任せるのも無理があるし、なかなか事が進みません。車の事でいえば、今回の移設もそうですし、シートの件にしても、業者さんに任せればびっくりするくらいのお金がかかりますし、それは仕方がない。業者さんとしても、お客が持ってきた、車用でもないよくわからないシートをただ挟めないかと言われてお金を取るのも難しいでしょうから、依頼するならもっと大掛かりな話になってしまう。

自力でやれるやれないも含めて身近にいる夫に相談しつつ、足掻いてみようと思ってやっています。やりすぎた最後にプロに泣きつくのも、この歳になるとちょっと気が引けますから、毎回いろいろ考えてしまって(笑)シートは違和感感じてから実行までに何年かかかってますね。

 

 

プラパーツをツメで止めて組み立ててある製品って、よく観察して力のかけどころを慎重に見ていけば、ある程度バラせるものだなと思う様になりました。ただ、無理したら破壊ですけどね(笑)

後は、バラしたが組み立てられない可能性。私ありそうです。こわ…

開けてびっくりテールランプ。金属のネジもあるから落っこちはしないだろうけど、このプラ製ダボはそのうちプラスチックじゃなくなるよな…的な。

 

 

なんだかんだ言っても、

 

f:id:mamogame:20240421090527j:image

オーディオのスイッチのボタンが脆くても(6年前にうちに来た時点でこうなってました)、まあそう気にしてません。自分より前の人の誰かはよくCDを聞く人だったんだと思うとなんか面白い。

そういうのがある種の中古車の良さでもあるのかも。