るーさんと駆ける 

「カメだって全速力」(mamogame.hatenadiary.com)第2章。Renault LUTECIA3 RS とシュフ。

たまごとおでん

入院前のこと。

じいちゃん主導で、近所の大手弁当チェーンで夕飯を買った。子供1人とじいちゃんばあちゃんが、牛すき焼き風弁当(たまご付き)を頼んだのだが、持って帰ってきたら卵がない。

子供の「まあいいじゃん」を振り切り、じいちゃん張り切って店に電話。

キャンペーン終了につき卵は別料金で要オーダーということで玉砕。(1月くらい前のメニューをプリントしたものを見てオーダーしてた)

良いじゃん家の卵で食べれば…ということで食事開始。

他は唐揚げ弁当をほおばる。

「ん?」

どうも冷蔵庫に卵が1つしかなかったのを、子供が気がつかずに使ってしまい、じいちゃんたちの分がない…娘も気づいて「あ…」

孫に気を使いつつ、「いいよいいよ」とじいちゃんそそくさと自分の部屋へ。

それきりしばらく戻ってこない…

置き去りになったばあちゃんの口に時々おかずを運びながら、

「じいちゃんは?」

「さあ…」

誰かがふと

「たまご?」

さらに

「じいちゃんが卵産みに行ってる?」

(こういうこと言うのは決まってダンナです)

一同腹よじれ、脳血管性認知症で普段殆ど無反応のばあちゃんまで

「ふふっ」

 

そこへじいちゃん登場。

一同爆笑。たまごのパック抱えてます。

徒歩3分のコンビニまで、自分の部屋のテラスから出て買いに行ったのね。

卵産んだ話をしたら本人が一番ウケてました。

 

そして先日、夫が嫁の遠隔指導を受けながらおでんを作ってくれる事になり、大方終わりかけたところで

私「たまごは?」

夫「あ…」

夫とじいちゃんがおでんの卵好き。

時間もないので、スーパーにゆでたまご売ってることを伝えて、じゃあ後でと、他の用事を済ませてゆでたまご買って帰宅。

さて、と蓋を開けたら卵が入ってる。

 

 

???

 

息子「あーなんかじいちゃんがやってたよ」

 

病院の私のとこに

「じいちゃんがまた卵産んだ」

ってラインが来ました(^_^;)

 

十数年ぶりくらいの夫作のおでん。

食べたかったー。

f:id:mamogame:20190119093607j:image

 

10年前に決意した、実家家族断絶からの逆転同居。

夫の理解と、事情は何も知らない無邪気さと、半島の方が人が優しいと言う子供たち。転居を厭わなかった父。

超特急で家を設計施工してくださった建築士さんの設計施工会社。知多半島との縁を結んでくださった車屋さん。

いろんな人のお陰で今があります。

 

 

さあ、セルフリハビリやるかー