るーさんと駆ける 

RENAULT LUTECIA3RSとKangooを主婦が皆さんの協力と知恵をいただきながら一生懸命乗っています。

そして来年ををむかえよう。

明日からまた忙しそうなので今日中に連投です。歳取るほどに1年が早くなるって本当ですね。もう1年終わっちゃうんですね。

 

今年は、書けないことでほーんとにいろいろあった1年でした。本当に大変な事は書けないことばっかり。多分そういう人も多いんだろうなあ…。眠れない、夢見が悪いなんてえのはザラでしたね。

都度最大限の努力はしたと自負はあるし、家族それぞれみんな頑張って来てると思います。

よく思ったのは、みんな幸せになりたい、ああなりたいこうなりたいって普通にあるとおもいますが、「あれができない、これができない」って思ってる時って「これが普通、こうでなくちゃ」っていうのが強いんだろうな、と。

それ、本当にそうじゃないとダメなの?

まあ、私なんて、特に世間様に誇れる経歴も収入もありませんし、職業主婦。世間的評価ゼロです。こうやってブログ書いて、車がどうの運転がどうの、空気圧の考え方なんてやってるけれど、自分の、何て説明したらいいかわかりませんが「なんもなさ加減」っていうのを日々噛み締めてます。結構頑張って得た経験値が、夫や車が好きな人からみたら既知のこと、なんやあんた(私)知らんかったんかい、みたいなね(笑)

 

なのに書いている理由のひとつは、足掻いて頑張った事で、意外と自分のプラスにはなってるし、主婦業のプラスにもなってるのがどうにか伝わってもらえないかなと思ったからです。

車のことは、知ってたら自分でやれる、知ってたら安全に向かえる。逆に知らないなら手出ししない方が良い事もあるでしょうし。悪気はないけど知らないから危険に向かってた。近年そういう発見がいっぱいありました。

興味がなければ進まないだろうし、だから例えばユイレーシングスクールの事もよく書いてますが押し売りするつもりなんてないけれど、無理かなと思ってた事でも本気になってやってみたら、一生の財産になるような経験や思考回路作りのきっかけになった。外部評価を得られる様な結果を私は出せていないから説得力には欠けるなと思いますけど、みえる世界がちょっと変わりました。それって外部評価とか関係ないしね。

どんな時も、その中から良いことに向かう芽を見つけたり、失敗も経験値として捉えようと思えば先が開けるし、時には「今日も飯が食えた」「あー寝られる」で十分だとおもうんです。生きてる為に働いて働くために寝るのが生きもんやし。位に思ったらちょっと楽。

なにかチャンスがあれば素直に向かえばいいし、できないことばっかり注目して見てると、脳がマイナス思考を楽しみだして、ハマってっちゃうんですってよ。マイナスに酔っちゃうらしいです。

買えないものは稼いで買うか、買わへんかっても自分が生きてたらそれでいい、そういう時もあって良いし、自分昔そういう時ありました。

今後も今とか過去にこだわらずに、できることを精一杯やって毎日を送れたら良いなあと思っています。

 

ちょっと早いですが、皆様、良いお年をお迎えください。